【元ネタ】ヒストリアイ、旧約聖書
【クラス】アサシン
【マスター】
【真名】セミラミス
【性別】女性
【身長】164cm
【体重】53kg
【属性】秩序・悪
【ステータス】筋力D 耐久D 敏捷D 魔力C 幸運E 宝具B
【クラス別スキル】
気配遮断:D
 サーヴァントとしての気配を断つ。

【固有スキル】
神性:B
 セミラミスは女神デルケトの娘で、鳩の化身とされる。

神託:D
 神のお告げにより、その状況での適切な判断ができるようになる。
 ランクDの場合、人生の転換ポイントといえるような状況でしか、効果を発揮しない。

魅了:B
 魔性の美貌により異性・同性を問わず惹きつける。
 ランクBではほぼ対象の意思を無視して精神を支配する。
 対魔力で抵抗可能。ただし自分の近親者には最初から無効である。

【宝具】
『妄想淫婦(サンムラマート)』 ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:0 最大捕捉:1人
 人類史において最古の毒殺を行ったという逸話の具現。
 これによりセミラミスの肉体はすべてが毒性を帯びており、
 体液など肉体の一部分を使いあらゆる毒物を精製することができる。

【解説】
 アッシリア帝国の伝説上の女王。つい最近まで実在を信じられていた。
 女神デルケトの娘で、幼くしてシリアの荒野に捨てられ、鳩によって育てられた。
 その美貌からアッシリア王ニヌスに寵愛され、息子ニニュアスを産んだ。
 毒殺の最古の伝承を持ち、その被害者である夫の死後は数十年にわたって摂政として君臨し、多くの遠征や建設事業を指導した。
 あの有名な世界の七不思議の一つ『空中庭園』も彼女の業績とされる。
 その治世の終わりは息子ニニュアスによって謀殺されたとも、神託により彼に譲位して鳩となり昇天したとも言われる。
 余談ではあるが自由の女神のモデルは彼女である。その名を知らずとも姿を知る者は多いのではないだろうか。

【出演SS】