【元ネタ】イリアス、オデュッセイア
【CLASS】アサシン
【マスター】
【真名】オデュッセウス
【性別】男性
【身長・体重】163cm・70kg
【属性】秩序・悪
【ステータス】筋力C 耐久B 敏捷A 魔力D 幸運C 宝具C
【クラス別スキル】
気配遮断:C
 サーヴァントとしての気配を断つ。隠密行動に適している。
 完全に気配を断てば発見する事は難しい。

【固有スキル】
軍略:A
 一対一の戦闘ではなく、多人数を動員した戦場における戦術的直感力。
 自らの対軍宝具や対城宝具の行使や、逆に相手の対軍宝具、対城宝具に対処する場合に有利な補正が与えられる。

千里眼:C
 視力の良さ。遠方の標的の捕捉、動体視力の向上。

神性:D
 神霊適性を持つかどうか。高いほどより物質的な神霊との混血とされる。
 オリュンポスの伝令神ヘルメスの曾孫であると伝えられている。

神々の加護:C
 伝令神ヘルメスの加護。
 魔術による攻撃に対し1度だけAランク相当の対魔力を得ることが出来る。

【宝具】
『殺戮す十二斧(スローター・エウリュトス)』
ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:5~60 最大捕捉:1人
 オデュッセウスにしか引けなかったという弓。
 矢が命中した地点から、任意の方向に向けて一度だけ矢を射出することができる。
 この矢が命中した地点にも、同様の効果が得られる。この矢が12発目に達したとき、この効果は失われる。

『騙し欺く木馬の姦計(トロージャン・ホース)』
ランク:C 種別:結界宝具 レンジ:1~20 最大乗員:50人
 一夜にしてトロイアを滅ぼす要因となった木馬。
 不自然さを抱かなくなる認識阻害の能力を持っており、
 木馬がどれだけ足音を立てても匂いを漂わせても、それに違和感を抱くことはできない。
 また、難攻不落の城壁を突破したことから、あらゆる「遮断」を突破し建造物内部への侵入、
 幽体・宝具を除く物体内部への潜行が可能。
 この宝具は大きさをレンジの範囲内で変化させることができる。

【解説】
 ギリシア神話の英雄であり、ホメロスの叙事詩『オデュッセイア』の主人公。
 「足の速いオデュッセウス」「策略巧みなオデュッセウス」と呼ばれる。
 トロイア戦争では、かの有名なトロイの木馬の姦計でアカイア勢を勝利に導いた知将である。
 しかしその後海神ポセイドンの恨みを買い、諸国を漂流。
 帰郷後には自身の不在の間に妻のペネロペに求婚していた108人のならず者達を成敗した。

【出演SS】