【元ネタ】史実
【CLASS】アサシン
【マスター】
【真名】シモ・ヘイヘ
【性別】男性
【身長・体重】152cm・58kg
【属性】秩序・中庸
【ステータス】筋力E 耐久E 敏捷E 魔力E 幸運C 宝具D
【クラス別スキル】
気配遮断:A
 サーヴァントとしての気配を絶つ。
 完全に気配を絶てば、探知能力に優れたサーヴァントでも発見することは非常に難しい。

【固有スキル】
千里眼:D
 視力の良さ。遠方の標的の捕捉距離の向上。

仕切り直し:D
 戦闘から離脱する能力。

地形適応:D
 極寒の雪原やマイナス30℃の寒冷地などに対する適応力。

【宝具】
『白い死神(ベラヤ・スメルト)』
ランク:D 種別:対人宝具 レンジ:- 最大捕捉:1人
 猟師として狙撃手としての修練の果に辿り着いた狙撃の極意。
 攻撃時にも気配遮断のランクが下がらない。

【Weapon】
『モシン・ナガンM28』
 ソ連赤軍の代表的な小銃。
 シモ・ヘイヘが愛用していたモシン・ナガンは銃身を重く頑丈なものに換装し、ヘイヘの身長に合わせて短く切り詰めてある。

【解説】
 近代フィンランドの伝説的狙撃手。ギリースーツを纏った『白い死神』。
 20歳で軍に入隊し、幼い頃より猟で培った射撃技術で数々の伝説を築き上げた。
 特に冬戦争において、スコープを外したモシン・ナガンM28、KP31サブマシンガンで700人を超えるソヴィエト兵を殺害した。
 これは参戦から顎を撃ちぬかれて退くまでの100日間で達成された公式記録であり、
 記録外のものを含めた“スコア”は数倍に膨れ上がるとされる。
 終戦後、コラー十字章を受勲。5階級特進により少尉となるも、以後は一線を退き、2002年永眠。
 享年96歳。

【出演SS】