【元ネタ】都市伝説
【CLASS】アサシン
【マスター】
【真名】メリー
【性別】女性
【身長・体重】139cm・34kg
【属性】中立・悪
【ステータス】筋力E 耐久E 敏捷E 魔力B 幸運E 宝具C
【クラス別スキル】
気配遮断:B
 サーヴァントとしての気配を断つ。隠密行動に適している。
 完全に気配を絶てば、探知能力に優れたサーヴァントでも、
 目視以外で発見することは非常に難しい。
 ただし、自らが攻撃態勢に移ると気配遮断のランクは大きく落ちる。

【固有スキル】
魔術:C+
 伝達にのみ特化した魔術。
 ガラスに浮かび上がる血で書かれたメッセージ、鳥獣による伝言、
 電話線が切れてるのに鳴る電話等の連絡困難な対象への意思疎通が可能。
 このランクになると相手の顔さえ分かっていれば伝達可能。

追撃:D
 離脱行動を行う相手の動きを阻害する。
 相手が離脱しきる前に、一度だけ攻撃判定を得られる。

仕切り直し:D
 戦闘から離脱する能力。

【宝具】
『メリー・メッセージ(もしもし私メリーさん)』
ランク:D+ 種別:対人宝具 レンジ:10~99 最大捕捉:1人
 段階を踏んで完遂させる儀式魔術の一種。
 何らかの連絡手段を用いて対象に宝具の真名を聞かせることで、
 その対象の周囲の転移可能な位置を把握する。
 続けて、「自分はどこにいるか」を聞かせることで、
 その通りの場所へと転移することができる。
 その転移先はかならず相手の認識の外になる。
 通常なら3回ほどの連絡で対象の背後を取れるが、
 距離や障害によって、最大10回の連絡が必要。

『楽しい楽しい人形遊び(メリー・メリー・ドールズゲーム)』
ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:0~99 最大捕捉:1000人
 メリーさんとその被害にあった者達の怨念がこめられた呪いの人形。
 この宝具はメリーさんが消滅するのと同時に現界、発動する。
 人形の四肢は呪いが発動したと同時にレンジ内の何処かに展開され、
 72時間後、人形の状態がメリーさんを消滅させた者達にそのまま反映される。
 3つ目までは簡単に見つかるが、4つ目を通常の手段で見つけるのは不可能である。

【Weapon】
『無銘・包丁』
 日本国内で女性が最も良く使ったであろう武器。

【解説】
 都市伝説の一種。展開はさまざまあるが、
 主に『捨てられた人形の復讐』と、『少女の呪い』に二分される。
 前者は、電話等の連絡法を通して徐々に自分が近づいている事を伝え、
 最後に相手の背後に立った後に、相手を刺し殺す、という物。
 後者は、四肢のない人形を渡し、その四肢を集めなければ、
 見つけられなかった箇所をもぎ取られる、という物である。
 近代創作においては『いじめにあった少女の復讐』とされたり、
 健気でどこか抜けたキャラクターとして描かれることもある。

【イメージイラスト】

【出演SS】