【元ネタ】フィアナ伝説
【CLASS】ランサー
【マスター】
【真名】フィン・マックール
【性別】男性
【身長・体重】176cm・67kg
【属性】秩序・中庸
【ステータス】筋力C 耐久C 敏捷A 魔力B 幸運E 宝具B
【クラス別スキル】
対魔力:C
 第二節以下の詠唱による魔術を無効化する。
 大魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。

【固有スキル】
神性:D
 神霊適性を持つかどうか。高いほどより物質的な神霊との混血とされる。
 ダナ神族の王ヌアザの曾孫であると伝えられている。

カリスマ:B
 軍団を指揮する天性の才能。
 カリスマは稀有な才能で、一国の王としてはBランクで十分と言える。

魔術:C
 ドルイド僧フィガネスの元でオーソドックスな魔術を習得。

【宝具】
『血統の青槍(ビルガ)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:2~4 最大捕捉:1人
 フィン・マックールが従者より授かった父の形見。穂先が青銅で目釘が黄金で出来た魔槍。
 穂先を額に当てることにより最大30ターンの間、興奮作用により精神干渉を無効化し、
 全パラメーターを1ランクアップ、さらにAランク相当の対魔力を得ることができる。

『全治なる白き掌(フィンタン)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:0~1 最大捕捉:1人
 フィン・マックールが"知恵の鮭"により得た能力の一つ。
 フィンがその手で掬った水はあらゆる傷を癒し万病を治す薬となる。
 ただしその効果はあくまでフィンの手で掬われている間のみに限定される。

『全知なる白き指(フィンタン)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:0 最大捕捉:1人
 フィン・マックールが"知恵の鮭"により得た能力の一つ。
 限定的ながらその場で必要な情報を得ることが出来るスキル。
 ただしフィン自身に負担が大きいため多用は出来ない。

【解説】
 フィアナ神話の主人公で、光の皇子クーフリンと双璧をなすアイルランドの老獪王。
 裏切りの騎士ゴールに殺されたフィアナ騎士団長クールが遺した一粒種。
 ダナ神族の王ヌアザの曾孫であり、本名はディムナといい、金髪で「肌が白くて美しい」ことからフィンと呼ばれる。
 森の中で二匹の猟犬を引き連れ、父の形見ビルガを得物とする緑の騎士。
 ドルイド僧のフィネガスに師事し、ボイン河はフェックの溜りにて『癒しの水』と『親指の魔術』の二つの力を手に入れる。
 森での逃亡生活で鍛えた力に、魔の知恵を加えたフィンに敵う者などいなかった。
 宿敵ゴールを討ち果たした後は、マックアート王に仕え、フィアナ騎士団の長となり、ついには王となる。
 アイルランドの人々は誓約を守り、平和と繁栄をもたらす指導者を競って称えた。
 しかし、マックアート王の娘グラーニャを巡って、ディルムッド・オディナと争い、
 策謀と無慈悲で彼女を奪い取った彼に、昔日の面影は既になかった。

【イメージイラスト】

【出演SS】