<プロローグ>
『ヴァルハラ温泉を勝ち取れ!道中の猛者どもを打ち倒し、君も秘湯をゲットしよう!』
 そんな怪しさ爆発なチラシを、李書文は真剣な眼差しで見ていた。
書文「温泉はいらんが・・・猛者を打ち倒す、という文句には惹かれるものがある。
   よし、思い立ったが吉日。それ以降は全て凶日だとトリコも言っていた。出発するか」
士郎「どこに出かけるんだ?」
書文「ただの修行よ。そうだ、日頃の美味い食事の礼も兼ね、賞品の温泉はお前にくれてやろう。
   感謝するがいい。はっはっは!」
士郎「・・・夕飯までには戻って来いよ?」
書文「約束はできんが、美味な料理を期待しているぞ。では行ってくる」

<中ボスステージ>
ヘイドレク「第一問。闘争は人の喜びである。是か否か」
書文「ぉおう。なにやら危険人物発見。
   あの狂った面、間違いなくバーサーカーだな。・・・しかし今喋ったような?」
ヘイドレク「問答大好きヘイドレク。さぁ、わが質問に答えよ。
    闘争は人の喜びである。是か否か」
書文「闘争は人の喜びか、だと?是である!戦い、そして強くなることこそ我が喜びよ!」
ヘイドレク「なるほど、正解だ。
    ククク、なかなかの戦闘狂と見える。そして己の強さを磨くことを生きがいとする・・・。
    ひょっとして君、俺のソウルブラザー?」
書文「なんと、ではお前がワシの弟か!」
ヘイドレク「え、俺が弟?時代の古さとか考えるとむしろ俺のが兄貴じゃね?」
書文「えー。ウチ、中国人だからサー。父とか兄とか、目上のものとして敬わなくちゃならないんだよネ、儒教的に考えて」
ヘイドレク「フフフ。それ、遠まわしに侮辱してるよネ(はぁと)。
     よーし!パパ、その喧嘩乗っちゃうぞー!!」
書文「かかってくるがよい、狂人よ!あと、お前がパパなんて認めねぇ」
ヘイドレク「■■■■■ーーッ!!」
ティル「きゃー、パパ素敵ー!」
書文「って、娘(?)いるし!?」

<ラスボスステージ>
書文「フフフ、猛者どもとの戦いを通して、少し強くなれたような気がする。あくまで気のせいだけど!
    くぅ、サーヴァントの身であることが悩ましい。肉体さえあれば!強くなれるというのに!!」
 トゥルルルルルル
書文「な、なんじゃいあの若者。いきなり電話のような声をあげおって・・・。
    ハッ!あれはまさかパッショーネのボス!?いかん、まだ出てくるな!第五部はまだ読み終わっておらんのだ!!」
メリー「・・・何言ってるのよ、アンタ」
書文「っ!!!なんとその声・・・ボスの正体は女だというのか!?しかしトリシュは父だと・・・どういうことだ?」
メリー「あのね・・・まぁ、いいわ。
    『メリーメッセージ(もしもし、私メリーさん)』、今、貴方の後ろにいるの」
書文「む、背後に気配!!いかん、ここまで接近を許すなど・・・距離をおかねばっ!」
メリー「逃がさないわ!追撃スキル、甘く見ないことね!」
 グサッ!
書文「ぐっはぁ!?年端もいかぬ娘に一撃貰うとは・・・一生の不覚!!」
メリー「ふふふ、もう最弱鯖なんて言わせない!私の強さ、証明してあげるわ!」
書文「えー。ワシ、強い奴と戦いたいんだけどー。お前、弱いじゃん。帰れ」
メリー「きぃー!私の一撃食らっておいて、偉そうなこと言わないでよ!!」
書文「ニ打目は食らいません。そしてニ打目は要りません。
   お前なんぞ、宝具がなくとも一撃で片付けてくれるわ」
メリー「・・・あ、あれ?勝てる気がしない。でもやるわ。私だってやるときはやるのよ!
    ファイト、メリー!負けるな、メリー!」
書文「うー、やる気が全然起きねー」

<エピローグ>
書文「おーい士郎。今帰ったぞ」
士郎「お、ちゃんと夕食までに帰ってくるなんて珍しいな。
   ・・・後ろにいるメリーさんはどうしたんだ?」
書文「挑んできたので返り討ちにしてやったら、泣き喚いてうるさいんでな。
   士郎の料理を食わしてやるから泣くな、とあやして連れてきた。
   コレとつれて帰る途中で、何人かの警察に戦いを挑んできたが、それらも返り討ちにしておいた」
士郎「・・・あちゃー。あとで交番に謝りに行かないと」
メリー「あ、あはは・・・。私は止めたんだけど、きかなくってね」
書文「さぁ、士郎。夕飯にしようではないか」
士郎「はいはい」