【元ネタ】北欧神話
【クラス】ランサー
【マスター】
【真名】ブリュンヒルデ
【性別】女性
【身長・体重】165cm57kg
【属性】混沌・善
【ステータス】筋力B 耐久D 敏捷A 魔力A 幸運E 宝具B
【クラス別スキル】
対魔力:B
 魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
 大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

【固有スキル】
ルーン:A
 北欧の魔術刻印・ルーンの所持。

炎避けの加護:A
 火神ローゲの加護により、火属性攻撃に対して強い耐性を得る。

神性:-
 主神オーディンと知恵の女神エルダの娘で本人も戦女神ワルキューレであり
 本来は破格の神霊適性を持つがオーディンにより神性を剥奪されてる。

【宝具】
『目覚めし戦姫(シグルドリーヴァ)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉:1人
 人間と戦乙女、双方の性質を持つブリュンヒルデの戦乙女としての力の具現。
 真名開放によって槍は炎に包まれ、ブリュンヒルデは一時的に力を取り戻し、戦乙女と化す。
 この状態では戦乙女としての能力である、炎の環を纏った槍と白鳥の翼による飛行能力が復活する。

【Weapon】
『テュールの大槍』
 勝利のルーンが彫られた巨大な槍。
 重量はおよそ150kgと規格外の重さを誇る。

【解説】
オーディンに仕える戦乙女の一人。
オーディンの意に逆らった罪により、眠りの魔術をかけられ炎に囲まれた城に幽閉されていた。
炎を乗り越え城を訪れた英雄シグルドの手で、ブリュンヒルデは覚醒し二人は愛を誓い子をなす。
シグルドは再会を約し旅に出るが、再び二人が巡り合った時には、シグルドは陰謀により記憶を失っていた。
記憶を失ったシグルドの手によって、他の男と婚姻させられたブリュンヒルデは、愛憎の末シグルドを暗殺し自殺する。
死後、戦乙女としての姿を取り戻し、冥府の館にシグルドとの再会を求めて赴いたという。

【イメージイラスト】