【元ネタ】シャルルマーニュ伝説
【CLASS】キャスター
【マスター】
【真名】テュルパン
【性別】男性
【身長・体重】186cm・81kg
【属性】秩序・中庸
【ステータス】筋力C 耐久A 敏捷C 魔力B 幸運D 宝具B
【クラス別スキル】
陣地作成:C
 魔術師にとって有利な陣地を作成する技能。
 洗礼詠唱により、簡易的な聖域を形成することが出来る。

道具作成:E
 魔術的な道具を作成する技能。
 聖別された道具を作成できる程度。

【固有スキル】
洗礼詠唱:A
 キリスト教における“神の教え”を基盤とする魔術。
 その特性上、霊的・魔的なモノに対しては絶大な威力を持つ。

勇猛:C
 威圧・混乱・幻惑といった精神干渉を無効化する能力。
 また、格闘ダメージを向上させる効果もある。

戦闘続行:A
 往生際が悪い。
 瀕死の傷でも戦闘を可能とし、決定的な致命傷を受けない限り生き延びる。

【宝具】
『曇天に舞う金剛(アルマース)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:1~2 最大捕捉:4人
 刀身にダイアモンドをあしらった、氷の刃とも形容される美しき聖剣。
 ダイアモンドの“硬度”を鍵とした強力な“凝結”の魔力を持ち、
 切り付けたあらゆる物を固めてしまう。
 真名を解放することで、刀身にあしらったダイアモンドが剥離し、
 ダイアモンド状の結界をテュルパンの周囲に展開する。
 その結界の中に溢れる“凝結”の魔力は、相手の動きや攻撃を固め防ぐ防壁となる。

【Weapon】
『無銘・矛』
 聖剣・アルマースより多くの機会で振るわれた矛。
 テュルパンが戦いの場において愛用した大業物である。

『笏杖・十字架(クロス・クロワ)』
 キリスト磔刑の折の十字架の切れ端が刻まれた魔術礼装。
 『洗礼詠唱』との併用により、敵軍の目を眩ませ士気を挫く燭光を放つ。

【解説】
テュルパン。或いはチュルパンとも。
ローランと轡を並べたシャルルマーニュの十二騎士の一人であり、
大僧正として彼らの戦いに祝福を与え、また戦場でも大いに活躍した。
わけても有名なのはローラン最後の戦いにおける武勲である。
二万軍の友軍と共に撤退の殿を務めた十二騎士らは、
友軍の裏切りにより、四十万のサラセン軍を相手取った戦いを強いられたのだ。
テュルパンもまた妖術をなすバルバリアの王コルサブリスを討ち取ったが、
多勢に無勢であり、やがて四本の槍を受けて腸に傷を受け、さらに頭蓋を割られてしまう。
しかしテュルパンは氷の刃アルマースを引き抜き、千人の敵兵をただ一人で切り伏せた。
戦が終わった後、生き残ったのはローランとテュルパンだけであったが、
仲間を失った衝撃から気絶してしまったローランの為に水を汲みに行く途中、
遂にテュルパンも力尽きて斃れ、後を追うようにローランも死を迎え、ここに十二騎士は全滅した。