【元ネタ】アーサー王物語群
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】ギャラハッド
【性別】男性
【身長・体重】181cm・68kg
【属性】秩序・中庸
【ステータス】筋力A 耐久A 敏捷A 魔力B 幸運A 宝具A++
【クラス別スキル】
対魔力:A
 『聖霊の加護』により、A以下の魔術は全てキャンセルできる。
 事実上、現代の魔術師ではセイバーに傷をつけられない。

騎乗:A
 騎乗の才能。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 幻獣・神獣ランクの獣は乗りこなせない。

【固有スキル】
直感:A
 戦闘時、つねに自身にとって最適な展開を”感じ取る”能力。
 研ぎ澄まされた第六感はもはや未来予知に近い。
 視覚・聴覚に干渉する妨害を半減させる。

無我:A
 騎士道の極致に達し、全ての我欲・私心を捨て去った無我の精神。
 あらゆる精神干渉を高確率で無効化する。
 人としては最高峰の精神の無色透明さ。

聖霊の加護:A+
 アリマタヤのヨセフの加護により、
 痛覚によるペナルティを完全に無効化する。
 更に、装備品による呪詛や束縛を無効化することも可能。

【宝具】
『金色の選定(フォー・グランド・シバルリー)』
ランク:A+ 種別:対人宝具 レンジ:1~2 最大捕捉:1人
 ベイリンの墓石ともなった、選定の剣。
 所有者の魔力を光に変換し、刀身を光の刃に変える。
 ギャラハッドの魔力量によって耐久性・持続性の決まるこの刃は、
 相手の武装を切断することに秀でており、
 その成功率は、刃を振るう筋力の高さに比例する。
 本来であれば、肉体に対しては特殊な効果を持たない宝具となるが、
 武勇に秀でた英雄であればその肉体が既に一つの武装として認識される為、
 ダメージロールを有利に行える。

『赤十字の白盾(アリマタヤ・ナイト)』
ランク:A+ 種別:対人宝具 レンジ:0 最大捕捉:1人
 聖人であるアリマタヤのヨセフの血によって十字の描かれた盾。
 ギャラハッドに対する守りの加護が込められており、
 攻撃を盾で受けそこに含まれる魔力を蓄積、消費することで白騎士を顕現させる。
 白騎士は蓄積された魔力量に比例した時間だけ顕現し、ギャラハッドを援護する。

『騎士は栄光を手に死せり
 騎士は穢れを赦さず
 騎士は浄い手にて穢れず(ナイト・オブ・ホーリー)』
ランク:A++ 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉:30人
 数々の災いを背負った武具を用いながら、災厄を退けた逸話の具現。
 ギャラハッドに対する、宝具によるものを含むあらゆる呪いを無効化する。
 また、手にした武器に自らの宝具として浄化能力を与える。
 どんな武器であろうとも手にした時点で、
 Dランク相当の浄化宝具となり、呪詛などの穢れた効果は失われ、
 元からそれ以上のランクに位置する宝具であれば、
 従来のランクのままギャラハッドの支配下に置かれる。

【Weapon】
『ダヴィデ王の剣』
 かつてダヴィデ王が振るったとされる呪いの剣。
 しかし宝具級のこの剣の性能を、ギャラハッドは活かしきれていない。

『無銘・甲冑』
 ギャラハッドが身に纏う純白の全身甲冑。
 なお、この鎧は馳せ参じる『白騎士』とは無関係である。

【解説】
湖の騎士ランスロットとエレインの息子。アリマタヤのヨセフの血を継いでいる。
彼が円卓の騎士に迎え入れた際、
他の何者も座れなかった『災厄の席』へと難なく座ることが出来た。
アーサー王は彼を「世界で最も偉大な騎士になるだろう」と称した。
その言葉の通り円卓の騎士総勢による聖杯探求の直前に開かれた馬上試合では、
ランスロットとパーシヴァルを除く騎士を打ち倒していった。
その時ギャラハッドは盾を身に着けてなかったと言われている。
いざ聖杯探求が始まると、彼はとある修道院に着きそこで『赤十字の白盾』を手に入れる。
その盾はかつてアリマタヤのヨセフが持っていた盾であり、
その血筋の最後のものであるギャラハッド以外が持つと災厄が降りかかるといわれている。
その後も彼は聖杯探求を続け、途中でガウェインとの馬上試合に勝利したり、
20人の騎士相手に劣勢のパーシヴァルを救ったりと武勲を重ねている。
最終的には彼はパーシヴァル、ポールズと共に聖杯を見つけ、
アリマタヤのヨセフと無数の天使に祝福され天に昇ったと言われている。

【出演SS】