【元ネタ】旧約聖書
【CLASS】バーサーカー
【マスター】
【真名】サムソン
【性別】男性
【身長・体重】180cm・80kg
【属性】混沌・狂
【ステータス】筋力A+ 耐久A 敏捷C 魔力D 幸運D 宝具B
【クラス別スキル】
狂化:B
 全パラメーターを1ランクアップさせるが、理性の大半を奪われる。

【固有スキル】
動物使役:E
 恐怖によって動物を操る力、統率力こそ上がるものの、動物の士気は極度に減少する。

戦闘続行:A
 往生際が悪い。
 瀕死の傷でも戦闘を可能とし、決定的な致命傷を受けない限り生き延びる。

【宝具】
『神力の髪(ゴッド・ヘアー)』
ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:- 最大捕捉:1人
 サムソンに怪力を授ける髪。
 筋力のパラメーターを2ランクアップ、耐久をワンランクアップさせる。
 髪を切る、死体に触れる(打撃や絞めによる殺害を含む)と失われ、再生には多大な魔力が必要。

【解説】
 イスラエルの民がペリシテ人に支配され、苦しめられていたころ、
 ダン族の男マノアの妻に主の使いにより誕生を告げられ、その生涯を生まれる前から神に捧げられていた。
 あるとき霊がくだって怪力になりライオンを子ヤギを裂くかのように殺し、
 ペリシテ人の女性を妻に望んで断られると300匹のジャッカルの尾を結んで松明をむすびつけ、ペリシテ人の土地を焼き払った。
 ペリシテ人はサムソンを縛り上げて連行た時は、霊が降って縄目が落ち、サムソンはろばのあご骨でペリシテ人1000人を打ち殺した。
 ぺリシテ人はデリラを利用してサムソンの力の秘密を探ろうとし、頭にかみそりをあててはいけないという秘密を話してしまう
 彼は目を抉り出されてガザの牢で粉をひかされ、後に見世物として2本の柱に繋がれたが
 神に祈って力を取り戻し、つながれていた二本の柱を倒して建物を倒壊させ、多くのペリシテ人を道連れにして死んだ。
 彼の人生は誓いを破り祝福を自ら失うような生涯でもあった。