「やあ少年、キミが私のマスターだね?」
紡がれた声音は軽やかに。
向けられた笑みは親愛に。
土蔵に現れたその女性(ひと)は、衛宮士郎に絶対的な信頼を向けていた。
「――ところでキミ、私の助手になる気は無い?」
「はぁ?」
それが彼女、アーチャーとの出会い。

「話は終わった? お兄ちゃん達」
漆黒の騎士を従えた銀の少女は軽やかに笑った。

「あのさ、衛宮くん。しばらく同盟組む気、無い?」
無愛想な剣士を従えた赤い少女は困ったように笑った。

「私は戦争になんか興味はありません。……ただ、静かに暮らして居たいだけなんです」
山門に縛られる老翁の横で素朴な少女は願うように笑った。

「なあ、衛宮。俺達と組め、いや、ライダー様に従えよ。決して悪いようにはならないからさ」
恐怖の具現のような巨漢に従う親友は媚びるように笑った。

日常だった世界は僅か数日で反転し、取り返しのつかない地獄へ変わる。
夜毎街中を跳梁する死人の群れ。
夜毎繰り広げられる無意味な戦い。
増え続ける犠牲者達。
「………胃が、痛いわ…」
「心中は察する、マスター」

そして遂に夜の領域は日の光の下までも侵食し始める。
突如校舎に現れた屍の群れ。
繰り広げられる陵辱惨劇。
地獄の再現と呼ぶべき学び舎の屋上で、衛宮士郎は親友だった少年と対峙する。
「慎二! もう止めろ! こんなことしたって何の意味も無い!」
「煩いっ! お前に何が判る! ぽっと出の魔術師の癖して、魔術師になるべきなのになれなかった僕の何が判るってんだ!?」
「慎二っ!」
「黙れ黙れ黙れ! あの人は! ライダー様は認めてくれた! 僕のことを! 人間として男として、正しいと認めてくれたんだっ!」
「――――――だから、こんなことをしたってのか…!!」
「そうさ、僕が提案して、あの人が賛成して、こうなったんだ! 僕だ! 僕の力でこんなことが出来たんだ! ハ、はハハ! ハハハハハハハ!!!」

学び舎の死闘は凄惨を極めた。
圧倒的な火力を有するアーチャーと卓越した剣の冴えを有するランサーの二人掛かりでなお、ライダーと呼ばれる怪物は難攻不落。
そこに割り込んだのは、まさしく予想外の人物だった。
「―――そこまでにしておけ、ライダー。さもなくば貴様の命、ここで潰えるぞ」
「そう、貴方はやり過ぎた。――これ以上は私も見過ごせないわ」
「―――セイバー!? バーサーカーに、イリヤも!?」
始まりの夜に衛宮士郎の命を奪った剣士が、圧倒的な猛威を振るった漆黒の騎士が、今味方として轡を並べる。
しかし、対するライダーはたった一人でありながら誰よりも圧倒的に、笑う。

「ふざけるな小僧共が! かつての己はこれ以上の死地を駆け抜け続けたのだ! 今更この程度蹂躙出来ずして、何が王か!」

屍が集う屍が集う。この世にただ一人、覇道の為に覇道を駆け抜けた王が築いた屍が集う。
巨狼と化したライダーは、四騎のサーヴァントに牙を剥く―――!
だがしかし対する四騎はただの四騎に非ず。各々の時代に神話に伝説に、名を刻み込んだ一騎当千の英霊達!

「バーサーカー! いいよ、全力で狂っちゃえ!」
銀の少女の言葉に応え、かつて誰よりもシャルルマーニュの信厚かった黒騎士が破邪の剣を振るい狂う―――!

「―――貴様ほどの外道に、遠慮は要るまい。――――蒼天貫く護国の彗星(フォー・トロイ)!!!!」
剣しか用いなかった槍兵は遂に槍を持ち、かつて己が祖国を守護した必殺の一投を披露する―――!

「そうだね、貴方に遠慮は要らない。―――焼き尽くして、青銅の守護巨神(タロス)!」
弓兵らしからぬ弓兵の女の言葉に、女の背後から現れた巨神は静かに己が身の灼熱を解き放つ―――!

「貴様の命運は、これにて尽きる! 運命られし滅びの剣(グラム)―――!」
そして北欧の大英雄が、その手に握る究極の魔剣にて一切合切を焼滅させる―――!

「馬鹿な! この己が! この、己がぁ、! この、蹂躙王がああああああああッ!!??」
放たれた四つの必殺をその身に浴び、かつて大地を駆け抜けた蒼き狼は消え失せた。


「あ、ああ、そんな。ライダー様が……そんな…」
「慎二、お前がやったことは到底許されることじゃない」
「ひっ!? ひいいいいいっ!!」
己の信じる者、その者の破滅と己の破滅を同時に宣告された少年は、半狂乱に泣き叫びながら逃げていく。
しかし、その場に彼を捕らえようとする者は居なかった。――当然だ。己一人では何も出来ない者に、何が出来るというのか。
英雄達は、そしてそのマスター達は、一時の共闘の心地好さを今しばらく共有する―――――。

              Fate/MINASABA MIX-1-2