このあとエア使われて負けるでしょうけど(笑)

「・・・なるほど、これが数多のサーヴァントを倒してきた宝具の正体か」
 アルゴーの甲板へと突き刺さり、燃え上がる剣を見ながら、
 イアソンは黄金の騎士をにらみつけた。
「ふん、おぬしのごとき雑種が我の宝具を理解したというのか」
「生憎と。この身は目立たぬことが身上のリーダーでね」
 アルゴーの精霊を抱きしめるイアソンの目の前には、
 ギルガメッシュの放った多くの魔弾が突き刺さっていた。
 あるものは深く突き刺さり、あるものは甲板に傷すらつけていない。
「数多の魔弾は全てが宝具ゆえの『属性』を持ち、何らかの『弱点』に該当する。
 かの大英雄といえども、毒には倒れるように。
 最適を繰り返す宝具。個人たる英霊には逆らえぬ戦争。それがお前の財宝だ」
「判ったところで何になる、雑種。
 貴様の解釈で正解だ。己の敗因を歌い上げたことを光栄に思い――」
 十七の魔弾が黄金の騎士の背後に装填される。
 その中に、イアソンでは避けえぬ「裏切りの符」「復讐の剣」を認め、
 ライダーはかすかに俯いた。
「――失せろ!」
 魔弾が放たれる。
 他の魔弾はともかく、さきの2つのみは、
 “裏切り”の魔女の“復讐”に弄ばれし英霊には、防げぬ必殺・・・!
 しかし、イアソンに突き刺さるはずの魔弾は、
 “永遠の絆”と“復讐の完成者”たる鉄腕に阻まれる――。
 見よ、これこそが、イアソンの宝具、ギリシア最大の冒険行を成し遂げた、
 英雄たちの力を呼び覚ます宝具“大英雄時代(アルゴナウタイ)”
「――残念だったな、ギルガメッシュ
 お前が多くの宝具をもって最適を繰り返す英霊というのなら、
 この俺は、多くの英雄をもって最適を繰り返す英霊・・・・・・!」
 仲間たちとともに剣を抜き、イアソンは英雄王へと向き直る。
「さぁ、はじめようじゃないか、英霊の戦いではない、戦争を!」