※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【元ネタ】三国志
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】孫策 伯符
【性別】男性
【身長・体重】176cm・75kg
【属性】中立・善
【ステータス】筋力B 耐久A 敏捷B 魔力E 幸運C 宝具A
【クラス別スキル】
対魔力:C
 魔術詠唱が二節以下のものを無効化する。
 大魔術・儀礼呪法など、大掛かりな魔術は防げない。

騎乗:B
 乗り物を乗りこなす能力。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 幻想種あるいは魔獣・聖獣ランクの獣は乗りこなすことが出来ない。

【固有スキル】
勇猛:B
 威圧・混乱・幻惑といった精神干渉を無効化する能力。
 また、格闘ダメージを向上させる効果もある。

一気呵成:A
 攻撃すればするほど勢いを増し誰にも止められない。
 攻めれば攻めるほど強くなる反面、防御力が低下してしまう。

断金之交:A
 金を断つ程に固い絆を表した四字熟語。
 聖杯戦争においては、一時的な同盟を組む際に有利な判定を得る。

【宝具】
『小覇王快進撃(オーバーロード)』
ランク:A 種別:対軍宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:800人
 袁術に玉璽を献上するのと引き換えに父の家臣団を借り受けた逸話の具現。
 伝国の玉璽を破棄することで膨大な魔力に変換し、
 それに拠って生前の家臣団をサーヴァントとして現界させる。
 ただし敵を倒す前に持続時間が切れた場合、家臣団とともに孫策自身も消滅してしまう。
 最大持続時間は26ターン。これは孫策の享年に対応する。

【解説】
 父と共に劉表軍と戦い、父が死ぬと袁術に玉璽を譲り兵を得る。
 江東に侵出して劉繇、厳白虎、王朗らを討ち、江東の小覇王と呼ばれた。
 後に袁術から独立し、曹操に匹敵する勢力を築く。
 しかし、曹操と内通したため討った許貢の食客に襲われ負傷。
 後事を弟の孫権、義兄弟の周瑜に託して死んだ。