※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【元ネタ】三国志
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】劉備 玄徳
【性別】男性
【身長・体重】173cm・68kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力B 耐久C 敏捷B 魔力A 幸運A 宝具A++
【クラス別スキル】
対魔力:A
 赤龍の因子の効果により、あらゆる魔術を跳ね返す。
 Aランクなら現在の魔術師では傷つけることはできない。

騎乗:B
 乗り物を乗りこなす能力。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 幻想種あるいは魔獣・聖獣ランクの獣は乗りこなすことが出来ない。

【固有スキル】
大徳の証明:A
 劉備の徳の高さと謙虚さを現す逸話。
 自分に大きく良い印象を植え付ける、また味方の士気、能力を向上する。

不屈の意志:A
 あらゆる苦痛、絶望、状況にも絶対に屈しないという極めて強固な意志。
 何度敗走し負けようとも遂には一群雄から蜀漢の初代皇帝となった。

赤龍の因子:B
 赤龍の子である高祖劉邦から受け継がれる漢室の象徴である龍の因子。
 魔力炉心が形成され、サーヴァントでありながらほぼ独立した行動が可能。

【宝具】
『檀渓的盧(だんけいてきろ)』
ランク:B+ 種別:対人宝具 レンジ:2~50 最大捕捉:10人
 劉備の愛馬として知られるしもべが乗れば客死し、主が乗れば刑死するという凶馬である。
 しかし、脚は電光がはじけるように速く、人が追いかけても追い付くことができなかったという。
 不運を招き寄せる呪詛を纏った魔獣であり、常人が乗ればたちどころに不幸を呼び寄せてしまう。
 しかし劉備は本前の幸運を駆使し大きな川が道を塞いだ際跳躍し一躍対岸へとたどり着いたという。

『桃園結義(とうえんのちかい)』
ランク:EX 種別:召喚宝具 レンジ:0 最大捕捉:3人
 我ら三人、生まれし日、時は違えども兄弟の契りを結びしからは、
 心を同じくして助け合い、困窮する者たちを救わん。
 一日に一度、常時発動型の召還スキルによって義兄弟を召還する。
 召還された関羽、張飛、劉備の3名は8人目以降のサーヴァントとして聖杯戦争に参加し、
 特例として既存のサーヴァントとクラスを重複することを許される。
 劉備・張飛も同じ宝具を所持していることから、事実上の蘇生宝具として機能するため、
 史実通りにまたは同じ日に全員を撃破しなければならない。

【解説】
 漢の中山靖王・劉勝の子孫。蜀の昭烈皇帝。
 桃園の誓いで関羽、張飛と義兄弟となり、黄巾賊や董卓の討伐戦で活躍。
 徐州牧・陶謙から請われ地位を譲り受けるが、呂布に奪われ曹操を頼った。
 献帝から皇叔の呼び名を賜り、曹操暗殺計画に参画するも露見。
 袁紹や劉表を頼って落ち延びた。三顧の礼で諸葛亮を迎えた後は、
 荊州益州を支配する一大勢力圏を築く。曹操から漢中を奪って漢中王となり、
 221年には蜀を建国。関羽の仇討ちのため呉を攻めるが、陸遜に大敗し病死した。