【元ネタ】史実
【CLASS】ライダー
【マスター】
【真名】項籍 羽
【性別】男性
【身長・体重】185cm・102kg
【属性】混沌・中庸
【ステータス】筋力A 耐久A 敏捷B 魔力C 幸運D 宝具A
【クラス別スキル】
対魔力:C
 二節以下の詠唱による魔術を無効化する。
 大魔術・儀礼呪法など、大掛かりな魔術は防げない。

騎乗:A
 Aランクなら幻獣・神獣ランクを除くすべての獣、乗り物を乗りこなせる。

【固有スキル】
古今無双:A
 昔から今まで並ぶものがない武勇、その強さで天下を握るほどの武技。
 複合スキルであり、本来は「勇猛」と「直感」スキルの効果も含まれる。

西楚の覇王:EX
 徳によらず武力・策略で天下を治める者に与えられる称号スキル。
 恐怖による支配なので能力・統率力こそ上がるものの、兵の士気は減少する。

四面楚歌:A
 瀕死の傷を受けてもマスターを失ってもなお戦闘を可能とし最大5ターンは戦闘を可能とする。
 垓下の戦いで漢軍に包囲されても28騎で突破し戦い続けた逸話がスキル化したもの。

【宝具】
『力抜山兮氣蓋世(ばつざんがいせい)』
ランク:A+ 種別:対軍宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:500人
 彼が纏う覇者の闘気で敵を覆い尽くし、その威風により威圧する。
 闘気には自身の幸運、魔力を除くステータスを上昇させる他に、敵のステータスを低下させる。
 気焔の真価といえる、展開する気を肉体に纏って放つ攻撃法。
 その闘気の闘気の威力は対城レベルに達し、擦るだけでも殺傷能力を有す。
 彼の万人と戦う術を具現化したものである。

【解説】
 中国史最強の武将。西楚の覇王。楚の名将・項燕の孫。
 若い頃より武芸、兵法を修め、陳勝・呉広の乱が起こると叔父の項梁に従い挙兵した。
 秦討伐戦では各地の秦軍を破って名を馳せ、項梁死後は楚軍の総帥となる。
 関中争奪では劉邦に遅れたが、実力で諸侯を黙らせ、秦を滅ぼして覇王となった。
 だが、その後は各地の反乱に悩まされる。後に劉邦との抗争が激化すると、
 戦えば必ず勝利したものの、次第に戦力を消耗。
 四面楚歌の中、垓下の戦いで漢軍に敗れる。鬼神の如き強さを見せて漢軍の包囲を抜くが、
 天命に挑み力を示した後、自害。