【元ネタ】ゾロアスター教
【CLASS】
【マスター】
【真名】アンラマンユ
【性別】男性
【身長・体重】24318km・26兆t
【属性】混沌・悪
【ステータス】筋力EX 耐久EX 敏捷EX 魔力EX 幸運E 宝具EX
【クラス別スキル】
対魔力:EX
 魔術への耐性。ランクEXでは魔法陣及び瞬間契約を用いた大魔術すら完全に無効化してしまい、
 魔法であろうとも無効化し事実上魔術や魔法で傷付ける事は不可能。

【固有スキル】
神性:EX
 神霊適性を持つかどうか。高いほどより物質的な神霊との混血とされる。
 善神ヤハウェと対になる悪神であるアンラマンユは規格外の神霊適性を持つ。

【宝具】
『混沌をもたらす者(カオスブリンガー)』
ランク:EX 種別:対宇宙宝具 レンジ:∞ 最大捕捉:∞

【解説】
アンラマンユとはゾロアスター教に登場する闇と混沌の神。
まずアンラマンユは目覚めると再び宇宙を破壊し始め、そして善神ヤハウェとの戦いが始まった。
彼らの戦いは霊的な次元で行なわれたが、生物を守るために疲労していったヤハウェは
大きな損害を受けて物質界へと逃亡して火球状態の地球へと溶け込んだ。
アンラマンユはヤハウェを追撃したが、それはヤハウェの策略であり、
ユニクロンも別の惑星に溶け込んだ。こうしてアンラマンユとヤハウェは
永久に分離できない物質的肉体の牢獄に囚われることになった。