概要
光と秩序の神ヤハウェは、闇と混沌の神アンラ・マンユから宇宙を守るため天使を生み出した創造神である。

過去の宇宙において、混沌の象徴たるアンラ・マンユは一瞬にして宇宙を空間ごと破壊し尽くし、虚空の一部へと還元されて眠りに就いた。
しかし破壊は完全ではなくわずかに残された宇宙の断片が互いに反応、現在の宇宙を生み出したビッグバンが起こった。
宇宙は自己防衛のため、アンラ・マンユと対になる存在を生み出した。それがヤハウェである。
アンラ・マンユは目覚めると再び宇宙を破壊し始め、そしてヤハウェとの戦いが始まった。彼らの戦いは物質世界で行なわれたが
生物を守るために疲労していったヤハウェは大きな損害を受けて神界へと逃亡して惑星へと溶け込んだ。

最初の8人天使
ヤハウェがアンラ・マンユとの戦いに備え、最初に生み出した眷属天使たちを最初の8人の天使と呼ぶ。

メンバー

  • ルシファー
神の短剣の最初の保有者にして最初の天使。最初の13人のリーダーで光の戦士。
しかし悪神アンラ・マンユの導きにより悪に堕ちた闇の天使。

  • ガブリエル
最初の8人唯一の女性の天使。
天使の武器を作成した武器職人で、基本的な機械から武器や天使の鎧を作り出す事ができる。

  • ベリエル
ルシファーに次いで創造された天使であり

  • ラファエル

  • ウリエル