【元ネタ】テイルズオブジアビス
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】ヴァンデスデルカ・ムスト・フェンデ
【性別】男性
【身長・体重】189cm・86kg
【属性】秩序・悪
【ステータス】筋力A 耐久A 敏捷C 魔力A++ 幸運C 宝具EX
【クラス別スキル】
対魔力:A+
 A+以下の魔術は全てキャンセル。
 事実上、魔術ではセイバーに傷をつけられない。

騎乗:-
 騎乗スキルは失われている。

【固有スキル】
アルバート流:A++
 ホド特有の剣術で、盾を使わず自身の肉体を強化し攻撃力と防御力に長けている。
 武器、ないし自身の肉体に譜力を帯びさせ、素手でも戦えることを念頭に置かれている。
 Aでようやく“修得した”と言えるレベル。++ともなれば達人の中の達人。

心眼(真):B
 修行・鍛錬によって培った洞察力。
 窮地において自身の状況と敵の能力を冷静に把握し、その場で残された活路を導き出す“戦闘論理”
 ローレライを抑えている為、心眼が鈍っている。

神性:A
 神霊適性を持つかどうか。高いほどより物質的な神霊との混血とされる。
 神霊ローレライを取り込み実質神に近い肉体を持つ。

第七音譜術士:EX
 魔力とは違う音の属性を持つ元素を操る者。
 極稀に先天的に得ることがある類稀なる才能と言われている。
 ここまでくると超振動を扱う者でないと不可能。

【宝具】
『古の鎮魂歌(エンシェント・レクイエム)』
ランク:EX 種別:対人宝具 レンジ:1~2 最大捕捉:1人


【解説】