【元ネタ】ケルト神話
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】ディルムッド・オディナ
【性別】男性
【身長・体重】184cm・85kg
【属性】秩序・中庸
【ステータス】筋力B 耐久B 敏捷A+ 魔力C 幸運E 宝具B+
【クラス別スキル】
対魔力:B
 魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
 大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

騎乗:B
 騎乗の才能。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 魔獣・聖獣ランクの獣は乗りこなせない。

【固有スキル】
心眼(真):B
 修行・鍛錬によって培った洞察力。
 窮地において、その場で残された活路を導き出す戦闘論理。

愛の黒子:C
 魔力を帯びた黒子による異性の魅惑。
 ディルムッドと対峙した女性は彼に対する強烈な恋愛感情を抱く。
 対魔力スキルで回避可能。

妖精王の加護:A
 養父である美と若さの神、妖精王アンガスから厚い加護を受けている。
 窮地に置いて有利な補正を与えられるが、窮地に至るまでは効果はない。

【宝具】
『憤怒の破刃(モラルタ)』
ランク:B+ 種別:対人宝具 レンジ1~3 最大補足1人
 物理的な防御力を無効化する長剣。
 この剣で斬られた対称のDEF値は無視され、また防御スキルの効果も発揮されない。
 また武具に施された魔術的な強化、能力付加に対しては、武具自体を破壊することで間接的にキャンセルすることが可能。
 事実上、命中判定が起こる以前に魔術的手段を用いることでしか防ぐことが出来ない。

『積怒の砕刃(ベガルタ)』
ランクB 対人宝具 レンジ1~2 最大補足1人
 剣としても優秀だが、砕かれることで一度限りの盾となる短剣。
 どのような魔術、呪いからの攻撃であってもダメージを軽減し、付加効果も無効化する。
 持ち主の身に危機が迫った時オートで発動する。

【解説】
第四次聖杯戦争におけるランサー、ディルムッドのセイバークラスver。
相変わらず接近戦チート鯖、モラルタは劣化直死の魔眼みたいなもの。
とはいえネロや旦那の海魔みたいなHPが桁違いの相手にはあまり意味が無かったりする。