【元ネタ】旧約聖書
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】ガブリエル
【性別】女性
【身長・体重】169cm・58kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力A 耐久D 敏捷C 魔力A 幸運A+ 宝具A
【クラス別スキル】
対魔力:A
 A以下の魔術は全てキャンセル。
 事実上、現代の魔術師ではルーラーに傷をつけられない。

騎乗:B
 騎乗の才能。本来なら幻獣・神獣のものまで乗りこなせるが、
 セイバーランクゆえランクダウンし乗りこなせない。

単独顕現:B
 単体で現世に現れるスキル。本来、死者ではない天使は英霊として召喚されない。
 天使がサーヴァントとしてマスターに仕えるのは天使としての根本的な役目。

【固有スキル】
白百合の雫:EX
 彼女の持つ白百合から垂れる雫は人の傷や節制を正す効果がある
 更に擬似的に不老不死になれる。

高速神言:A
 呪文・魔術回路との接続をせずとも魔術を発動させられる。
 大魔術であろうとも一工程(シングルアクション)で起動させられる。

魔力放出:A
 武器、ないし自身の肉体に魔力を帯びさせ、
 瞬間的に放出する事によって能力を向上させる。
 女性でありながら身の丈ほどある大剣を片手で振り回す。

【宝具】
『絶世の名剣(デュランダル)』
ランク:A- 種別:対人宝具 レンジ:1~2 最大捕捉:5人
 三つの奇跡を持ち、所有者の魔力が尽きようとも切れ味を落とさない輝煌の剣デュランダル、
 彼女がフランク王シャルルマーニュに授けた剣の複製。
 複製品なため本物に比べるとワンランク下がっているがそれでも一切刃こぼれしない能力は失っていない。
 真名解放により担い手の魔力と対魔力を1ランクアップさせ、Aランク以下のあらゆる防御を切り裂く斬撃を放つ。

【解説】
熾天使のうちの一人、総司令官ミカエルの次席『神の左に座す者』であり、実質的に天使のNo.2という位置にいる。
癒やしの天使であるラファエルの弟子で前衛に赴き怪我人を癒やす。
柔和に描かれることが多いガブリエルだが、勇敢さと武力はこちらでもミカエルに次ぐとされる。
魔力放出の効果により女性ではありえない腕力を誇り、自身の身の丈ほどある大剣を片手で振り回す。