【元ネタ】旧約聖書
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】メタトロン
【性別】男性
【身長・体重】190cm・85kg
【属性】秩序・中庸
【ステータス】筋力A 耐久A 敏捷A+ 魔力A++ 幸運B 宝具EX
【クラス別スキル】
対魔力:A+
 A+以下の魔術は全てキャンセル。
 事実上、魔術ではセイバーに傷をつけられない。

騎乗:A
 幻獣・神獣ランクを除く全ての獣、乗り物を自在に操れる。

【固有スキル】
千里眼:EX
 視力の良さ。遠方の標的の捕捉、動体視力の向上。
 36万5千の目を持つと言われ透視、未来視、過去視さえも可能とする。

神性:A++
 神霊適性を持つかどうか。高いほどより物質的な神霊との混血とされる。
 小ヤハウェや神の代理人など、呼ばれもっとも神に近い天使。

心眼(真):A
 修行・鍛錬によって培った洞察力。
 窮地において自身の状況と敵の能力を冷静に把握し、その場で残された活路を導き出す“戦闘論理”。
 逆転の可能性がゼロではないなら、その作戦を実行に移せるチャンスを手繰り寄せられる。

神授の叡智:A+
 神に授けられた数多の大衆を導く為の膨大な智恵。
 事象の本質を見抜く洞察力に長ける。

【宝具】
『生命の樹の王冠(アイン・ソフ・オウル)』
ランク:EX 種別:対界宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人

【Weapon】
『無銘・両剣』
 彼が使用する柄の両端に刃が付いている剣、難易度が高く彼以外の天使は
 使用しない当然筋力や技量自体も高い物が要求される。

【解説】
天使達の前司令官、基本表舞台に立つことはないく彼の内情を知るものは少ない。
ルシファーと並び最初期の天使であり天使達から見ても、神のような存在とされている。
基本的には事態を静観するというスタンスを取っており、
余程のことがない限りは、天使の戦いには一切干渉をしない。


【元ネタ】旧約聖書
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】エクノ
【性別】男性
【身長・体重】190cm・85kg
【属性】秩序・中庸
【ステータス】筋力A 耐久B 敏捷A+ 魔力A 幸運A 宝具A
【クラス別スキル】
対魔力:A
 A以下の魔術は全てキャンセル。
 事実上、現代の魔術師では○○に傷をつけられない。

騎乗:B
 騎乗の才能。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 魔獣・聖獣ランクの獣は乗りこなせない。

【固有スキル】



【宝具】
『昇華天使(メタトロン)』
ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:1~2 最大捕捉:5人


【解説】
旧約聖書に登場する聖人。死後天に上げられた後、メタトロンに変容させられたと言われるが
実際にはエクノはメタトロンの化身に過ぎず人間界を行動する際の存在ぬ過ぎない。
肉体的には天使時に比べれば軟弱であるが技能的にその強さは健在。