【元ネタ】テイルズオブジアビス
【CLASS】バーサーカー
【マスター】
【真名】ゲルダ・ネビリム
【性別】女性
【身長・体重】170cm・56kg
【属性】混沌・狂
【ステータス】筋力A 耐久A 敏捷B 魔力A+ 幸運E 宝具A++
【クラス別スキル】
狂化:EX
 パラメーターをランクアップさせるが、理性の大半を奪われる。
 彼女は落ち着いた様子で言葉を話すが、常人との意思疎通は困難。

【固有スキル】
加虐体質:B
 戦闘において、自己の攻撃性にプラス補正がかかるスキル。
 これを持つ者は戦闘が長引けば長引くほど加虐性を増し、普段の冷静さを失ってしまう。
 攻めれば攻めるほど強くなるが、反面、防御力が低下してしまう。

対魔力:B
 魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
 大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

譜術:A+
 魔力とは異なる元素を用いて唱える魔術。
 全属性を扱え最高位に近い大譜術を習得している。

精神汚染:C
 精神を病んでる為、他の精神干渉系魔術をごく稀にシャットアウトする。
 精神が不安定になり人間らしい道徳心が極端に欠如。

天性の魔:A
 怪物として産み落とされたものに備わるスキル。レプリカ化により
 人の身では絶対に不可能なランクの筋力と耐久力に到達している。

【宝具】
『終局の片鱗(エンドオブフラグメント)』
ランク:A+ 種別:対軍宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:500人
 自身を中心に6つの球体を展開し、レーザーを雨のように連射し
 締めの極太レーザーによる高威力と広範囲を誇る対軍宝具。

『憤怒たる神の雷(インディグネイション)』
ランク:A++ 種別:対人宝具 レンジ:1~40 最大捕捉:20人
 バーサーカーの持つ最大譜術の一つ、頭上に魔法陣を形成し神の雷を降らす。
 広範囲に向けてではないため、範囲は狭いがその分威力は絶大。
 対魔力が高くなければ即死は免れない。

【解説】
神託の盾騎士団に所属していた第七音素譜術士で、先代の導師エベノスと共に
創世歴時代の強力な譜術や惑星譜術について研究していた。
戦闘能力にも長けていたらしく、まさしく文武両道の人物。
正体はネビリムが死に瀕した際にジェイドがフォミクリーの技術を使って作り出したネビリムのホムンクルス。
オリジナルよりも強力な戦闘力を持つ反面、精神が不安定になり人間らしい道徳心が極端に欠如。
軍が討伐の為に一個中隊を派遣したが、彼女は1人で討伐部隊を壊滅させる等人間離れした強さを見せつけた。