グレンデル「え?遠坂邸に忍びこんで情報収集・・・?いや、まぁできますけどね。生前は毎晩ヘオロト城に忍びこみましたけどね。
      ハァ、怪物らしく派手に暴れたりしたいなぁ。あんな怪力馬鹿とやりあうのは御免ですけどもね。
      あーせっかく現世に来たってのに、なんか煩いジドーシャだのパチンコだのゲーセンだのありまくって辛いし・・・召喚に応じたの失敗だったかなぁ・・・。
      え?あ、はいはい。行きますよ、行けばいいんでしょ。どうせアサシンですからね。地味な隠密行動くらいしか取り得ないですよ・・・。
      あ、そうだ。忍びこんで遠坂のマスター殺すのは・・・ダメっすか。序盤で目立つと他マスターからも警戒されますか。
      ああそうですね、すみませんね頭回らなくて。どうせ図体ばかりでかい脳無しなんで。しかも力で人間に負けるとか・・・ワロスワロス・・・」
マスター「・・・・・・水魔の子だからって、そんなジメジメした陰湿な性格にならなくても」



グレンデル「私にある唯一の取り得が、この体なんですよ。本当、取り得一つしかないとか笑っちゃいますよね・・・。
      まぁでも、こんなクズみたいな能力でも取り得なわけで、私の誇りというか、・・・誇りって!怪物の私が誇りとかおこがましいと思ったでしょ?うるせぇよ。
      いやまとりあえずですね。私に武器は効かないんです。武器に頼ってきたあんたら人間どもにとって、武器が効かない私は天敵なわけですよ・・・ふ・・・ふふっ。
      ・・・たまにベオウルフみたいなトンデモない奴いますけど、あなたそんな奴じゃないですよね。筋力Bだし、槍持ってるし・・・この戦い、私の勝利だ!」
長可「体が防御宝具なら問題ないな」




カインの呪いでぼっち
ヘオロット城での賑やかな宴会に「アイツら楽しそうだな」と嫉妬
正面から殴りこまず、兵士全員が寝静まった頃に忍びこんでこっそり一人ずつ殺す
ベオウルフに負けたらママに泣きつく

 ・・・やべぇよこの巨人、想像以上に面白い子だよ。マスター絶対慎二だよ



 >>72
熊太郎以来のマスコット枠爆誕の瞬間であった


\     、 m,ヾミ、、 /
  \、_,r Y  Y ' 、 /';,''
  、 ,\ヽ, | | y /、 ,;;,,'',
   \、\::::::::::/, /,, ;;,
   ヽ\ o 、 ,o / { ;;;;;;;,,
   丿 [ \|:::|/ ]  >"'    <ウソ……じゃないといいね。
   >、.>  U   <,.<
  ノ  ! ! -=- ノ!  ト-、
..''"L  \\.".//_ |   ゙` ]



(完成後)
グレ「ええ、ええ、分かってますよ。みなさん僕のことなんかどうでもいいんですよね……
   そりゃ怪力のランクがAだろうとBだろうと、僕がただの人間に奇襲しかけといてあっさり負けるガッカリ巨人なことには変わりませんし(笑)」
カイン「げ、元気だしなよ……」