web 2.0時代を生きる > おすすめの本


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


※本の写真をクリックするとAmazonの詳しいページに飛びます。

web 2.0時代を生きていくうえで参考になる本の紹介です。


「ウェブ時代をゆく」

梅田望夫さんが書かれた、ウェブ時代を生き抜くための考え方
が書かれた本です。
「ウェブ進化論」の方が先ですが、私はこちらから読みました。
梅田さんが昨年11月に丸善で行われた講演( ⇒講演録はこちら
の中で述べておられるのですが、心で読む人のための本です。
私にはこちらのほうがしっくり来ます。そのあとで「ウェブ進
化論」を読んだのですが、私にはこの順番のほうがよかったよう
に思います。

この本がきっかけで私はこのサイトを立ち上げました。
とにかく動いてみようと。

wakiさんの 「ウェブ・リテラシーを身につける方法」 も大きな影響力
を私に与えていますが、wakiさんも「ウェブ時代をゆく」に影響を
受けてこのエントリーを始められたようです。




「ウェブ進化論」

こちらも梅田望夫さんの書かれた本です。
話題になっていたのは知っていましたが、「ウェブ時代をゆく」を
読んでからこの本を読みました。

梅田さんいわく、「頭で読む本」。
ウェブ2.0がどんな時代かを細かな事例を入れながら書いてお
られます。
Googleに対する思い入れが非常に強いように思いました。

具体的な現象面でweb 2.0時代を知るためには必読書だと思います。
梅田さんはこの「ウェブ進化論」の書評や、読んだ方々の感想、ブロ
グに書かれたものをすべて読んで生まれたのが「ウェブ時代をゆく」
との事です。




「WIKINOMICS」

この本はショックでした。
まぁ、それなりに世の中のことを知っているつもりで生きてきた
のですが、知らないことがいっぱい書いてありました。
最初のほうに、金を掘っている会社の話が出てきます。掘るべき
ところがだんだん少なくなってきたときにその会社は会社が持っ
ている情報をインターネット上に懸賞金つきでオープンにします。
そして得られた結果は非常に短時間で5年間掘り続けることがで
きる場所の確定と、それによる株価の上昇。

web 2.0というものが今の経済を変えていく可能性を示しています。
実際に変えてしまった事例を紹介しています。
そしてもう一つ大事なことは、web 2.0で大事なことは通常の仕事
の中でも重要なことだということです。それは、
 オープン
 対等の関係
 シェアする
 地球規模で動く(より広い範囲を対象に行動する、と読み替える)
であり、これは何処でも使えます。ただ、これまで大勢を占めてい
た仕事の仕方とは違うため、根本的な考え方、行動の仕方を変える
必要を迫られる方も多いのではないでしょうか。

書き忘れていました。もう一つショックだったのは、この本の中に
は日本の事例がまったく出てきません。日本はこの世界では取り残
されているように見えたからです。


「フューチャリスト宣言」

梅田望夫さんと脳科学者の茂木健一郎さんの対談

web 2.0が人間にもたらす影響を「言語の獲得」以来と茂木さんは言
います。
茂木さん:要するに、それが現れたことで、脳の使い方がまったく
変わったもの、ということで「言語以来」という言い方が成立するの
ではないか。言語によって脳の使い方が劇的に変わったんだけど、
インターネットによっても変わるポテンシャルがある。でもその可
能性にまだみんなあまり気づいていない。
明るい未来を描く二人の対談が楽しい本です。

※本の写真をクリックするとAmazonの詳しいページに飛びます。

このページに対する感想・コメントはこちら↓↓↓で
名前:
コメント:



-
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。