web 2.0時代を生きる


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


新しい世界が始まろうとしていると思います。

梅田望夫さんの 「ウェブ時代をゆく」 やその前の 「ウェブ進化論」 、梅田さんと茂木健一郎さんの対談 「フューチャリスト宣言」 、そして 「wikinomics」 など、新しい時代の幕開けを告げる本がいろいろと出てきています。

既存の考え方に固執するのではなく、新しい環境に合わせた生き方をすることが私たちに求められているということだと思います。

「お金は息をするようなもの、必要不可欠だが、それは目的にはならない」
と「Hidden Value」(邦題:隠れた人材価値)の中に紹介されています。

資本主義の問題点が数々表出し、拝金主義といわれたひとたちがさまざまな場面で弾劾されようとしています。

web 2.0時代について書かれた本の共通点は(私が好んで読んだ本の中で)

「環境が大きく変わり、それによって私たちの未来は明るい」
(ちょっと大きくまとめすぎですが)

ということのような気がします。




このページに対する感想・コメントはこちらで
名前:
コメント:

-
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。