何でもいいから今日の一言 > 今日の一言、始めます


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


11月11日(下駄の日)

今日から、毎日、何か一言を書くことにしました。
短い文章を書くのは苦手で、というよりも、書き始めるとどうしても長くなります。そしてまとまらなくなって、最後まで書き切らずに終わっている文章が山とあります。

実は、ほぼ日手帳を昨年末から書き始めました。
日記を書き続けられたことが一度もなかった私ですが、ずーっと何かしら書いていました、お盆あたりまでは。その後、時々抜けるようになり、1週間あくことも...。

で、
その空いたページを埋めようとしたときに「ほとんど何も思い出せない」という事実に出くわしたのです。

「数日前のことを思い出せない」ということは、日記や手帳をつけていない人にとってはよくあることだと思います。私自身もそうでした。そして思い出せることと、思い出せないことはあって当然のことだと思っていました。でも、約8ヶ月間ほぼ毎日、何かしら書いてきた私には「思い出せないこと」が信じられないほどの大きなショックだったのです。

手帳に書いたからといって、すべてを思い出せるわけでもありませんが、おぼろげながらでもそのときの状況は思い出すことは可能です。ところが、手帳に何も書いていないと、その日はまるで何もなかったかのように「文字通り空白の一日」になってしまうのです。

思い出せなくても、何らかの蓄積にはなっているのかもしれません。
少なくとも、体は一日分の変化をしています。頭も変化しています。楽しいこと、悲しいこともあったはずです。でも、よほど大きく心を動かされたとき以外、まったく覚えていないのです。これまではこんなことを気にしたことすらありませんでした。

でも8ヶ月間何かを書き続けることで、

何も思い出せないということは何もなかったことに等しい

ということにやっと気がついたのです。

まったくのムダ

とまでは思いませんが、気持ちの上では空白の一日が非常にもったいなく思えてしまいます。

そこで、今日決めたこと。

何でもいいから今日の一言を書く。
まとめようと考えず、思ったままを短いことばで、書く。

ということを続けていこうと思います。

つまらない一言やわけの分からない一言になるかもしれませんが、まったくの空白の一日よりもましだと思います。よろしければお付き合いください。




名前:
コメント:

-
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。