MediaCoder @Wiki

小技等
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●MediaCoder付属のxvidcore.dllはテスト版のBuildNo 0047となり詳細不明になるので、 それが気になるようなら、
自分で用意したxvidcore.dll、1.1.2(推奨)や1.1.3等、BuildNo 0046の安定版と入れ替えましょう。

Xvid本家 xvid.org (ここにはソースコードしかありません)
ttp://www.xvid.org/

Xvid binary distribution page (旧バージョンから最新まで揃っています)
ttp://uk.geocities.com/xvid2ch/
のxvid-1.1.2.zip (バージョンは好きなのをダウンロードして下さい) を解凍し中のxvidcore.dllを、
MediaCoderフォルダの中のcodecsフォルダのxvidcore.dllと入れ替えるだけです。

またMediaCoderはvfwの指定もできるので使用したい人はxvidvfw.dllも入れましょう。
詳細設定でvfwエンコーダのパスを決める事が出来ます。

●mp3のエンコードに使用するLAMEは付属のものはやや古いバージョンが同梱されています。
最新を使いたい人は最新版のlame.exe(3.98b6)と入れ替えた方がいいでしょう。

LAME本家サイト RareWares (分家もあるが更新が頻繁すぎて不安定なので本家サイト推奨)
ttp://www.rarewares.org/
のMP3→LAME Bundles→上から3番目LAME 3.98 beta 6のDownloadをクリック、
lame3.98b6.zipを解凍し中に入っているlame.exeだけを使用。
MediaCoderフォルダの中のcodecsフォルダのlame.exeと入れ替えるだけです。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|