※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




MXST(Maxwellスタジオ)


序文

Maxwell Studio は、シーンをレンダリングしたり他の3Dアプリケーションからオブジェクトをインポートするフルスタンドアローンアプリケーションです。
Maxwell Studio は、以下の機能を提供します。

  • オブジェクトファイルのインポート
  • オブジェクトの属性値の設定(位置、回転、倍率、中心位置、スムージング、法線、など)
  • UVプロジェクターを使ったテクスチャの適用
  • 物理マテリアルとライトの適用
  • 描画領域の3Dシーンの描画
  • マルチカメラの作成
  • スカイオプションの設定
  • カスタマイズ可能なレイアウト
  • シーンやマテリアルやレイアウトのライブラリ化


Maxwell Studio のレイアウトは、フルカスタマイズ可能です。
それぞれのウィンドウで、上部左のアイコンをクリックしたり、あるパネルを選ぶことで、ビルトインパネルをいくつも表示できます。


パネルはタイトルバーをドラッグアンドドロップすることで場所を移動させることが出来ます。
レイアウトの設定はとても簡単です。
また、パネルは、タイトルバーの""アイコンを押すとメインレイアウトから切り離されます。
切り離したパネルのタイトルバーを、もう一度ドラッグアンドドロップすると、レイアウトに収まります。


メインメニューオプションの"Window"で、新しいフローティングパネルを作ることができます。
パネルは、タイトルバーにある""アイコンで閉じます。レイアウトは自動的に枠にフィットします。

すぐにでもこれらのパネルの特徴を使うことをお勧めします。
パネルを開いたり閉じたりレイアウトを変更したり、メニューコマンドの"Layout"で、レイアウトを初期状態に戻したり、新しいレイアウトをロードしたりセーブしたりすることができます。

"defaultlayout.xflay"としてセーブされたレイアウトは
Maxwell Studio を起動したときの初期レイアウトとなります。

レイアウトのセットはインストールされたディレクトリのレイアウトフォルダーの中にあります。
これらカスタマイズされたレイアウトは、マッピングやレンダリング、編集といったさまざまな処理において、その作業に集中できるようになるでしょう。
"Layout"メニューの"Load Layout"コマンドは、それらの作業間を支援します。


パネルは、縦横に切り分けたり、レイアウトに新しいパネルを加えることができます。
通常、パネルを切り分けたり、新しいパネルを加えることで、構築できます。
"split quad option"は、図のように、パネルを4つに分割します。



| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー