※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




ジオメトリの読み込み

Maxwell Studio は多くのシーンやファイルフォーマットをサポートしています。
新しいバージョンでは、新たにフォーマットが加えられました。
現在サポートされているフォーマットは:

  • OBJ
  • STL
  • LWO
  • DXF
  • NFF
  • 3DS
  • FBX
  • XML(AllPlan2005)

です。
これらのフォーマットのうちのいくつかは、他では多くのオブジェクトをサポートしているものでも、一つのオブジェクトのみのサポートとなります。
Maxwell にインポートするには、三角ポリゴン化されている必要があります。その他の形状はサポートしていません。

Maxwell StudioはMXS(Maxwell シーン)ファイルをロード・セーブできます。
Maxwellは、3Dアプリケーションからプラグインで出力されたMXSシーンを読み込むことができます。

Maxwell Studioでオブジェクトをインポートするには、メニューの''File->Open Scene''か
または"File -> Import object to Scene"で読み込みます。
また、描画画面で右クリックして表示されるリストの中から"Import object to scene"を選んでも読み込めます。

Maxwell Studio でシーンを保存するとき、全てMXSファイルに保存されますので、オリジナルのオブジェクトファイルはそれ以降必要なくなります。

Maxwellでオブジェクトの出力を行うとき、名前が他のオブジェクトと重なる場合、
Studio は置き換えオプションをダイアログで表示します。
この機能を使うことで、オブジェクトが全てのマテリアル情報を変更することなく
形だけ置き換えをすることができます。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー