※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「で、二人は面識があると?」
「そうだが、」
「うん。」
二人が同時に答える。
暗い古い本屋の中で、ゼロはひたすら驚いていた。
何故驚いてるのかというと、ついさっきの出来事のせいである。


「で、シロタカが行きたい所って?」
「うん。本屋なんだけど、そこを親友が運営してるんだ。」
シロタカがちょっと嬉しそうに言う。
「へぇ、本屋ねぇ。」
「凄い品揃えは悪いんだけど、面白い本が多いんだよね。」
「へぇ、品揃えがねぇ。」
ゼロは聞いたことがあると思ったが、それは無視した。
シロタカがちらっっとゼロを見て、
「・・・・聞く気ある?」
と言うと。
「まったく。」
とゼロが言った。

そしてついたのがゼロも知っている、やる気が感じられない店長、黒金が運営している「鉄筋書店」とゆうワケである。

「久しぶりだな、シロタカ。」
「元気にしてた?」
「まぁな。」
何気ない二人の会話をゼロは黙って聞いていた。
「それより、ゼロも施設に入っていたとはな・・・・。」
ピンクのエプロンを肩に引っ掛けている黒金が言う。
「あれ、黒さんは入ってないの?」
ゼロが不思議な顔をして聞いた。
「ん?ああ、入っていないぞ。IMも持ってないからな。」
「一度誘ったんだけど、断られちゃったんだ。」 
「今の収入で十分できるし、何より面倒だ。」
黒金は面倒くさそうな顔をして答える。
本当に、興味がないんだなぁ。とゼロは感じた。
「そうだ、本だ本。新しい小説とか入ってる?」
「お前の後ろだ。」
シロタカはガバッっと振り返り、すぐそこにあった小説を手に取る。
その小説を黒金に差し出すなり「何円?!」と大声で言った。
黒金は指で「3」と「4」を作る。
シロタカは「安い!」と叫んでポケットからカードを取り出した。
「・・・・ウチではカードは取り扱っていないのだが。」
黒金は困った顔で答える。
シロタカも困った顔をして、俯いてしまった。
どうやらカードしか持っていないらしい。
まったく、どんな金持ちだアンタ。
ゼロは心の中でそう思うのであった。
そして、仕方なくゼロは財布を取り出し、340円をシロタカに差し出した。
「え、くれるの?」
シロタカは嬉しそうに340円を取ろうとする。
しかしゼロはさっと手を引いて、
「・・・・・後で返せよ、今丁度お小遣い貰う前で財布がスッカラカンなんだから。」
と言った後、340円を渡した。
分かってるよ、と言った後、340円を黒金に渡すシロタカ。
ゼロはエプロンのポケットにひょいと入れる。
よく見るとポケットには円形のシワが沢山浮き出ていた。
多分、殆ど小銭。
「なぁ、いつも思うんだけど・・・・。」
ゼロは黒金に問いかける。
黒金はゼロに視線を向けると、何だ?と言った。
「いつも会計とかちゃんとやっているのか?」
黒金は手を振って「no」と答える。
「それでよく自営業やってられるな・・・・。」
やや呆れ気味でゼロが言った。
赤字にはなった事は無いぞ、と黒金が言う。
初めて聞いたらしく、ゼロは露骨に驚いていた。



「さて、僕はもうそろそろ帰るとするよ、ゼロ君も早く帰った方がいいんじゃない?」
立ち読みしていた本をそっと置いて、シロタカは車のキーを取り出す。
「また今度な、黒金。」
黒金は何も言わず、ただ手を振った。
「そうだ、ゼロも一緒に乗ってくか?一応それが任務だしな。」
シロタカが出入口を少し出た所で言った。
「楽だし、そうしようかな。」
ゼロは荷物を持って、シロタカの方へと歩いていく。
座っている黒金がすれ違い様に、「今日の夜は注意しろ。」とゼロに囁いた。
やはりどうゆう意味かは分からないが、「まぁいいや」と割り切った。
そのままゼロとシロタカは本屋を出て行き、車に乗って出発した。




「・・・・さぁ、どう動くか。」

|