※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一つの書店があった。
大きさは小さい一軒家に近い。
コンクリートの壁には亀裂が走り煤だらけで、ガラスにも亀裂が入っており辛うじてテープで補強されている。
看板には大きく擦れた字で「鉄筋書店」と書かれている。
崩れてないのが不思議なぐらい古い本屋である。
常時開かれているドアから一人の男が出てきた。
オオカミヘアで濃い水色の髪に、髪の毛で隠れているせいか光の入っていない眼球。
顔の右側は完全に包帯で巻かれており、左目しか見えていない。
背は180cm前後だろうか、体格も良い。
服は上がホワイトの首を隠す長袖のシャツと、ブラックでポケットの沢山付いたズボン。
それにピンクのエプロンが引っかかっている。
右胸らへんに「黒金」と名前が刺繍がしてあった。
モノクロにピンクが合わないのはさておき、
これがこの書店の店主である。




「黒さーん」
ちょっと低いが、青年の声だと分かる声が聞こえてきた。
制服姿なので「多分下校途中か、」と黒金は察知した。
「・・・・ゼロか。」
初めて男が口を開いた。
濁っているが、何所と無く透き通っている。
俗に言う「ハスキーボイス」に似ていると、世間は言う。
本人はそうは思っていないらしい。
「間に合った、本を買ってって良い?」
「勿論だ。」
無表情のまま「黒さん」と呼ばれた店主の黒金が返事をした。
「その受け答え、自営業をやる側として直した方が良いと思う。」
黒金は不思議そうな顔をして、
「そうゆうものなのか?」
と質問した。
「当たり前だ、他の店を見てみろ。嫌でも機嫌の良さそうな顔をして接客するんだよ?」
「その言い方は、その人たちに対して失礼だと思うぞ。」
「そうか?それより本を買いたいんだけど、あれ何円?」
指差す先には「哲学」のコーナーにある分厚い本。
辞書2冊分ぐらい厚い。
本が嫌いな人は、多分10ページ程で嫌になってしまう。
黒金はそれを手に持って確認すると、四本指を立てて答えた。
「へぇ、物凄い安いね。一万円以上すると思った。」
「特別価格だ、どうせ誰も買わん。」
「何でそんな物入荷したのさ。」
「何と無く、だ。」
何と無くで入荷して良いのか。
多分誰でも考えるであろう事をゼロは頭の中でぼやいていた。
よくそんな経営の仕方で潰れないものだ、普通は潰れる。
「さて、ちゃんと金は持っているのか。」
黒金は意地悪っぽい口調で呟いた。
「持っているに決まっているでしょ、はい400円。」
「お買い上げありがとうございます。」
棒読みで黒金が御礼をした。
顔は無愛想そのものである。
「・・・だから、何でそんなに無愛想なの?」
「何でか知ってたら自分で治してる。」
ゼロは頭を掻き毟って溜め息をした。
「じゃあ、またな。学生なんだからちゃんと勉強しろよ。」
「言われなくても。」
ゼロはそれだけ言うと、急いで走っていった。
黒金はそれを確認すると、店のシャッターをしめて、自室へと潜り込んだ。




滅多に付けない電機、滅多に干さない布団、滅多に開かない窓。
でも部屋だけは片付いている。
ホコリっぽくもなく、ゴミも落ちていない。
そんな空間に、コンピュウターが一台置いてある。
見た目は普通のコンピューターだが、よく見ると周りにケーブルが幾つも張り巡らされている。
そしてそれは小さいアンテナやらHD(ハードディスク)と書かれた四角い鉄の物体の群れやら色々な物と繋がれていた。
電源を入れると、周りの機械が大きい音を立てて起動する。
「・・・・新しい情報、か。」
立ち上がったコンピュウターの画面に出てきた「情報受信完了」とゆう文字も見て、呟いた。
新しく受信した情報を見ると、そこには一つの写真があった。
黒い髪の毛にレッドブラウンの目、髪型は良く分からない、ボサボサになっている。
それは、今日黒金の書店に来た・・・・・・ゼロ、だった。
「・・・・どうして!」
黒金は拳で床を思いっきりなぐった。
顔は怒りなのか悲しみなのか、歪んでいる。
「何故見つかった、何故だ!クソ!アイツ等め!」
黒金は頭を掻き毟って叫んだ。
叫んだといっても、それほど大きくは無い。元々の声が小さいのだ。
「・・・・この状況になった時のために私が入り込んだんじゃないか。」
黒金は頭を上げて口元に笑みを見せた。
そしてキーボードを操作し始める。
カタカタと、部屋に音が止めど無く響いた。
「ククク、見ていろアイツ等。復讐だ、これは復讐だ。そしてこれは・・・・・」
キーボードの音が鳴り終わった。
「警告、だ。」


|