※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ふと、私はインクが無くなりそうな事に気付いた。
そういえば、今日は友人と買い物に付き合う約束をしていた。
危うく忘れてしまう所だった。

ある程度、御洒落をして、玄関の隅の、革靴についている大量のホコリを掃う。
最近は、外に出るにも、染みだらけの、汚れた布のブーツを履いていた。
食料を買うだけだったので、そう御洒落なしなくてよかったのだ。
ルーに手伝ってもらいながら、やっと革靴のホコリを掃い終わり、やっと玄関の扉を開いた。

民衆が革靴で石畳を歩くたびに、乾いた音が響く。
会話や、客寄せの声や、馬車の音も重なり、耳が痛くなりそうなぐらい大きい音が道に充満していた。

ルーと少し言葉を交えながら、街の歩道を歩いて行く。
人が非常に多いので、途中で他人とぶつかったりもした。
その度に、私は謝っていた。
途中、一人で話しているように見えるので、妙な目で見られたりもするが、もう慣れてしまった。
小さい頃だってそうだった。
私だけを仲間はずれにし、
私だけが特別扱いされ、
私しか残らなかった。
――――――辛気臭い話になりそうなので、話題を変えるとしよう。

今日行く所は、有名な作家である友人に紹介してもらった店だ。
普通の文具屋よりは、品揃えも質も格段に良い、と言っていた。
うっすらと記憶に残っているだけなので、記憶が曖昧でこれ以上は思い出せない。
わずかな記憶を頼りに、私は待ち合わせ場所に5分程遅刻して現れた。
|