魔法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法

『魔法』はウィーザル国の人間のみが扱える奥義。
大気中の見えない魔法の素『エーテル』を集め火や氷、雷といった力に変換・構築する。


魔法の作りかた

エーテルを魔法に変換・構築するためには三つの要素が必要である。
  • 魔法に変換するために充分な量のエーテル。
  • 構築する魔法のイメージ。
  • 構築するための技術。


魔法の特性

魔法と金属の相性

魔法は銀を除く金属との相性が悪く、身に着けているだけで周囲のエーテルが拡散してしまい、上手く魔法を構築できない。
故にウィーザル国民の生活では鉄よりも木材・石材が主に利用されている。
ウィーザルの工業が大きく遅れているのは、このためである。
逆に、魔法によって天候をある程度操れるため、日照りや水害、台風、火災といった災害はほとんど防ぐことができる。

魔法と木の相性

木はエーテルを集める効果があるので、魔法と相性がよい。
魔法使いはエーテルを一点に集中させるために木の杖を用いる場合が多い。


魔法の利用

開拓・日常生活

魔法はいにしえから掘削・発破・伐採・整地などの手段として、大陸の開拓に利用されてきた。
現在でも天候の調整や農地の開墾などの際に用いられ、国民の日常生活に深く浸透している。

戦争

戦争の道具としても重宝されており、国力が遅れているウィーザルが隣国バークレイ帝国に対抗するための命綱となっている。


魔法の利用資格

魔法を使用するためには、国が定めた試験を受け、資格を得る必要がある。
無許可で魔法を使用したり、犯罪に利用した場合、重罰が下される。開拓や建築に魔法を利用するときは資格を持った官吏が国の命令によって行う。一般人の勝手な利用は許されない。
もっとも、魔法自体が非常に高度な技術を要するため、一般人は容易に魔法を扱えない。門外不出の奥義を持っている宗家がその使い手たちを輩出しているのが現状である。
平民にとって『魔法』は身近なものだが『魔法使い』は手の届かぬ存在といえよう。