2009年度ギルド運営(草案)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

書きかけですがオープンにして順次校正してゆきます。

 

1|前年振り返り







2|運営環境と課題


・休眠中プレイヤーの増加(約3割)
・高レベル化による倦怠期への突入
・ギルドマスターのログイン時間減少
・過疎化時間帯の発生
・目標設定

3|ギルド運営の考え方


・”開かれたギルド”の理念を前面に押し出し、ギルド内に留まらず、”ワールド全体から愛されるギルド”を目指した立ち回りを行う
・ギルド本部は管理統制機能を発揮し、安全かつ快適なギルド生活を保持する為に、各ギルド員が折にふれて遭遇する障壁やトラブル解決に対して、イニシアティヴをもってサポートする。
・「強固なギルド体質の構築」を基本理念に、「楽しめるギルド」、「楽しませるギルド」としての役割を果たす。
・効果的・効率的で正しいゲームプレイを推進し、ギルドの体質改善、向上に寄与する。
・プレイヤースキル向上と、職業領域の拡大を推進し、高協力性を実現する。
・”生き残りはすべてに優先する”という考えを徹底し、安全を阻害する要因を排除すべく、立ち回りやそれぞれの役割についてサポートし合える環境を生成する。

 

4|職位小屋番の職責について
 
 
・入隊者・除隊者手続き全般
・活動中のギルド内状況の把握と報告
・ギルド員のメンタルケア
・トラブル発生対応
・ギルドルール、正しいプレイスタイルの浸透

・必要に応じた協力活動
・他のギルドとの交流推進(狩り・ボス戦等生産的活動、ギルドクエストを通して交換留学の提案・手続き)

 

5|補足 2009年度


・ギルド目標案:ギルドクエスト10万点
・ギルド目標案:ジャクム全員生還

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。