※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プラグイン名

HikiDoc library

このライブラリでできること

  1. Wikiファミリーの一員であるHikiのフォーマットを解析し、HTMLとして出力する事が出来る

対象バージョン

1.2系

インストール方法

  • コマンドラインから
してからこのディレクトリに移動し
$ ruby setup.rb config
して
$ ruby setup.rb setup
して
# ruby setup.rb install
すれば、このマシンにインストールされるはず。


ちょー簡単な使い方

irbとかscript/consoleで確認してみるのが早いかも。
require "hikidoc"
puts HikiDoc.to_html("[ [wiki_page_name] ]") ←実際には[と[の間は空かない
<p><a href="wiki_page_name">wiki_page_name</a></p>
となる気がします。
同様に
HikiDoc.to_html("[ [link|http://example.com/] ]") ←実際には[と[の間は空かない
<p><a href="http://example.com/">link</a></p>
となります。たぶん。


公式ページ


日本語解説ページ



外国語解説ページ

  • 必要ないかも。ちなみに、更新ページは同じ内容が英語でも用意されている。


検討事項

  • 他のWikiパーサとしては、Pukipa(MITライセンス)もある。これはPukiWikiのフォーマットをパースする。
  • Rubyist Magazine出張版にも添削後のPukipaが載っているのでちょと安心。


コメント

名前: