※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プラグイン名

acts_as_versionedプラグイン

このプラグインができること

  1. モデルを更新するたびに、旧データを別テーブルに保存しておき、必要であればいつでも昔のデータに戻す事が出来る


対象バージョン

1.2系

ちょー簡単な使い方

バージョン管理したいモデルを先に作って、マイグレーションも完了させておく。
script/plugin install acts_as_versioned
でインストールして、バージョン管理したいモデルに
class Baserecord < ActiveRecord::Base
 acts_as_versioned
end
と使用を宣言して、
script/generate migration add_verions
でバージョン保持用のテーブルを作るためにマイグレーションファイルを用意。
このマイグレーションファイルは定型で良い。(Wiki.create_versioned_tableで使うための設定を自動的に行う)
class AddVerions < ActiveRecord::Migration
 def self.up
   Baserecord.create_versioned_table
 end
 def self.down
   Baserecord.drop_versioned_table
 end
end
最後に
rake migrate
で使用可能。
使い方はRoR Wiki 翻訳Wiki ActsAsVersionedが詳しいよ。


公式ページ


日本語解説ページ

※基本
※応用

外国語解説ページ

  • 今のところ必要ないかも(日本語で情報が足りる)

のうはう

  • マイグレーションファイルの構造
  • こんな構造なので、元テーブルのカラムが大きかったり(バイナリ型だったとか)、更新頻度が非常に高いと、バージョン保持用テーブルがすごいことになります。


コメント

名前:
添付ファイル