※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プラグイン名

Userstamp

このプラグインができること

  1. created_atやupdated_atのノリで、誰が登録したか、更新したかを記録するcreated_byとupdated_byを自動記録する。
  2. created_byやupdated_byで記録されるのは、関連づけられたモデルのIDで、Acts_as_Authenticatedと相性が良い。(他もいける)

対象バージョン

1.2系

インストール方法

  • script/pluginでsubversionリポジトリを指定


ちょー簡単な使い方

script/plugin install svn://delynnberry.com/code/plugins/userstamp/trunk
でインストールして、ユーザ情報が保存されているモデルに
class User < ActiveRecord::Base
 cattr_accessor :current_user
end
を仕込み、created_byやupdated_byを仕込みたいモデルに
class Post < ActiveRecord::Base
 belongs_to :created_by, :class_name => "User", :foreign_key => "created_by"
 belongs_to :updated_by, :class_name => "User", :foreign_key => "updated_by"
end
を仕込んで、最後に格納すべきユーザID(この場合、user.id)をアプリケーションコントローラーなどに
class ApplicationController < ActionController::Base
 before_filter do |c|
   User.current_user = User.find(c.session[:user].id) unless c.session[:user].nil?
 end
end
みたいな形で格納しておく。

ちなみに、Acts_as_Authenticatedを使うなら、こんな感じ。
before_filter do |c|
 User.current_user = User.find(c.session[:user]) unless c.session[:user].nil?
end
※idを省いただけ

これだけでUserstampが使える。

公式ページ


日本語解説ページ

  • 良さげなページがありませんでした。

外国語解説ページ

  • 今のところ必要ないかも(このページで情報が足りるのでは?)

コメント

名前: