ルニア戦記@Wiki PvPとは


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


PVPとは?


PVPとは PLAYER VS PLAYER のこと。ストーリーモードとは違い、プレイヤー同士が戦うことである。
ステージ終了時の焚き火画面でも簡易的に戦うことが出来るが、PVPステージでは実際に相手のHPを削り、相手を先に3死させたほうが勝ちとなる。
また、現状は機能していない(未実装)だが、勝ち負けを記録するシステムがあり、今後はPVPでの戦跡を記録されるようになる。





まずは観戦してみよう


PVP初心者にはわからないことが多く、部屋に入りづらいこともあるかもしれない。
そこで、まずは観戦してみることをお勧めする。
既にゲーム中または対戦参加人数が満員の部屋を選択し、部屋に入ると観戦席に移動することができる。
ゲーム開始前は部屋にいる人全員と会話でき、ゲーム開始後は観戦者のみと会話することができる。
PVPに少しでも興味があれば、一度観戦だけしてみるというのもアリ。


PVPをやるにあたっての注意事項


PVP開始時に通信遅延等で自分が動けるようになっていたとしても、相手がそうとは限らない。
遅延が酷い人では、こちらが動ける状態であるにも関わらず、まだ読み込み中画面の人もいることを理解しておこう。
その状態で相手に殴りかかるのは非礼である。
そのため開始直後に相手に一声かけるのがよい。
それにより、相手が実際に戦闘可能状態かを把握することが出来る。
PVPステージではボイスチャットは相手に聞こえないため挨拶等する時は必ず白チャを使う


PVPでのルール


基本的に一人で出来てしまう無限コンボ以外なら何していても文句を言うのはやめましょう。
部屋タイトルにルールが記載されてる場合のみルールに従いましょう。


相手とのLv差


  • バランスチャンネルの場合
レベルとキャラによって、それぞれ異なる倍率による補正が通常攻撃やスキルにかかる。
レベルの十の位が1上がる毎に補正倍率は大きく下がるので、レベルの一の位が9のキャラクターが基本的に強い。

  • フリーチャンネルの場合
ダメージ補正なし。






以下は過去のシステム

現在はシステムが全然違うので読む意味はありませんが、懐かしむのにでも使ってください。


PVPにも公開部屋と非公開部屋とがある。

公開部屋 ・ 自分のLv+-5程度の範囲にはいっている相手が見つからないとチームに参加できない。
非公開部屋に直接対戦申し込みを出来ない。
非公開部屋・ 対戦開始を選ぶと、そのチーム全体の平均レベルから相手を選ぶ。
非公開部屋に直接対戦申し込みが出来る。(その際、取得できる通常・PVP経験は1/10になる。)
非公開部屋でも、相手指定で対戦を始めなければ経験を通常通り取得できる。

PVPでの経験取得条件について

勝ち負けに関係なく、一定時間戦っていれば、通常経験値がはいる。(1~7%程度)
1vs1=3分
2vs2=4分?
3vs3=5分
4vs4=6分
また、時間に関係なくPVP経験値がはいる。ただし、勝者の場合は敗者よりももらえるポイントが多い。(勝:80 負:20程度)
PVP経験値は溜めることにより、PVPLvが上がり、雑貨屋で売っているアクセサリーを装備できるようになる。スキルポイント等はもらえない。

PVPには対戦用のスペースが設けられていて、4VS4まで可能な森と2VS2まで可能な都市とがある。勿論森のほうが広い。

人が集まりにくいので、PVPをやるときはptで募集し、チームわけ等を済ませた後に移動するのがよい。