※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
彼女の目の前に、『彼女』は居た。
『彼女』は彼女と同じ姿で、だけども、その眼は何処を見ているのかもわからない。

…彼女が『彼女』に歩み寄ったときに、初めて『彼女』は、
自分と同じ姿をした彼女に視線をやる。

「…似た者同士ね」
彼女の囁きに、『彼女』は。

「それはどうかしら?」

と、やはり、同じ顔で、応えた。
 
 
 
--------------------