※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
―――ふと、思い出した。


「あぁ、そういえば…」
机の上に、ずっっと置きっぱなしにしていた招待状。
――そういえば、結局お祭り案内のお姉さんとうにゅう族の方が私の所に来て。
…見に、行ったっけ。


あの時……―――

沢山の人と紙吹雪が舞う中で、
「溢れ出る記憶は―――」

大御所の名前が飛び交うのに混じって、
「暖かくて、ちょっと切ない詩を詠む貴女が――」

確かに、
「この一票とこの一枚を――」

私の名前が、
「素直で素直じゃないあなたが大好きです――」

あった。



只のお祭りの癖に、何故こんなにも、私の心を
「恋されたい――」

打つの。
「それはお祭りだからよ」
振り向くと、そこには私を此処へ連れてきた張本人(達)…カルナお姉さんとヴァールさんが居た。
「例えどんな祭りでも、その興奮と賑わいは人の心にくるものがあるはずや」
「ね、あなたは――  どう?」
「どう…… って、べ、別に…」

よくわからない。
けれど胸の奥から沸き上がる、この気持ちは確かに…
「感動、した?」
「~~~~っ」
途端に顔が熱くなる。
こ、こんなつもりじゃ……っ

「ふふ、せっかくだから何枚か拾ってきたわ」
「何をや」
「彼女への投票用紙」
「何やってん・・・」
ヴァールさんの花が少し垂れる。

「なになに・・・
『更新がないのが残念』、『頭なでて邪魔をするのが楽しい』、『悩みに悩んで』・・・・
愛されてるじゃない、あなた」
「わ、・・・・・わぅ
うーー……別に、未だに時々資料は届くし、邪魔されるのはすきじゃないです…。
…悩んでくれたのは、その、…嬉しいですけれど」
「うふふ」
そう言って、カルナお姉さんは私の顔を覗き込む。
――紅い瞳はまるでルビーの様だ。

けれど、その目は私を迷わせ、戸惑わせる。
「…どうして」

「んー?」

「どうして、私なんかに、投票するんでしょう?
私なんかより、きっと、他の人の方がすごいのに…。

――ほぬえさんは有名だし、はうすさん達は可愛いし、ルゥさん達だってとっても魅力的です。
それなのに、私を選んでくれるのは… 何故? …何で?」
言葉を紡ぐうちに目からあふれ出す何か。
「ねぇ、お姉さん……何で、かな?」

カルナお姉さんは、ほんの少し、目を丸くして硬直した。
だけど、すぐにニコリと微笑んで… 私の頭を撫でた。
「それは、皆きっと、貴方の詩(うた)が聞きたいからよ」
―――等身大の女の子の詩がね、と付け加えてから、私の涙を拭った。
「お祭りなんてな、勝負は二の次や。楽しんだもの勝ちなんや  …覚えとき」
隣でヴァールさんが更に付け加えた。
「そういうことよ、コヨーテさん――」

その時になって初めて、カルナお姉さんは私の名前を呼んだんだ…




――――ぱたん。
あの試合の日、会場であったことを思い出しながら、招待状を引き出しにしまった。

投票用紙に書かれていた言葉は全て読んだ。
今なら多分、素直に「嬉しい」と思えるけれど、きっと、「ありがとう」なんて面と向かって言えないから。
だからとりあえず、いつもあの人が来る方向に居直って呟いてみた。

「――邪魔しない程度に、これからもよろしくね?」
 
 


-------------------