※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―――その日の空には、雲一つ無かった。
とてものどかで、ゆったり時間が過ぎていく―――

「…ふあ、ぁ…ぁぁあ~」

雲ひとつ無い、いい天気だな…、と呟いて、伸びをして一欠伸する。
特に胸騒ぎがするとか、虫の知らせ…なんてものがあったわけでもない。
その時は只、「天気がいいから出かけるか」程度に思ったのだ。
だからふらっと視界に入った、コンビニにでも寄ろうか…と思っただけだったのに。

―――だったのに。

見過ごせなかった。
「…―――待てー、この…っ、ひったくり――!!」

追いかけ始めて数分、ようやく犯人の姿をこの目に捉えた―――



コンビニに突如現れたひったくり犯。
ちょうどその時店内に居た店長――っていうかアンタかよ!――が引っ捕らえる間もなく、
これまた同じく、ちょうど会計中だった女の子のサイフをひったくって逃走した、ということだった。
不覚にも店外に出た直後に転倒し、犯人に追いつけなくなった、奴からそれを聞き…
………気がついたら走り出していた。

犯人がどの方角へ逃走したのかについては、
いつの間に付いてきていたのかレイが教えてくれた。流石風の精霊、といったところだろうか?

「そこのひったくり!盗ったサイフ返せ!」
力の限り叫ぶと、返事が返ってきた。
「やーだよ…!返せと言われて返すバカは居ないだろー…!」

「―――お互い走ってるのに、よく声出るな、アイツ」
はぁはぁ言いながらダッシュする隣で、
「それは――ハァ、ま、マスターも同じだと思います…ハァ、です――」
「レイも無理すんな、そろそろ俺一人で大丈夫だから帰ってろ」
「で、でも――」
「追うので、精一杯だろ――?…っ」
実際、犯人の足は結構速く(店長やってるアイツでもこれは追いつけないと思った)、
俺でさえ、ダッシュで追い続けないと、姿を見失ってしまいそうだった。

「――…レイ、周りに人の気配は?」
どれだけ追いかけただろう――そろそろ、街の外れのはずだ。
「え、あっ、はい確認しますっ……!」
ばっ、と彼女が腕を広げると、ぶわ、と一瞬突風が発生した。
数秒経たないうちにそれはあっという間に広がって―――


『―――うわぁ!』

前方から犯人の声。
どうやら突風に巻き込まれて足を滑らせたらしく、ずでん、と派手に転げた音がした。
「…と言うことは、周りには俺たち以外いない、か」
『跳』、と小さく唱え大きく飛んで、犯人の元へ駆け寄り――…
「おーっと、こいつは返してもらうぜ?」

足下に転がっていた、可愛らしい――というよりかはかなりシンプルな形のサイフを拾い上げた。



<続く>

---------------------------