※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 ―――森の中を、三つの影が駆ける。




…――レイキっ!」
「はい、姉さん!」

私よりも5m程先から返事が聞こえた。
我ながらよく聞き取れたものだ、と思いながら― 
その遥か前方を走る『ソレ』から私は目をそらさない。
(把握するの、空間を)
心でそう念じながら、私の目は先を視る。

「あと数十mで広いとこに出るわ!」
「……わかりました、では、止めますね――」

妹の駆けるスピードが上がる。
…あの子は私よりも足が速いから、こういう時に相手に追いつき動きを止めるのは、
まず間違いなくあの子の役目となる。

相手の墓場となるのは、そう、さっき私が視た、広い――

いつの間に抜けたのか、先回りに成功したらしいレイキの術が、
木々の間をぬって駆ける相手の目の前に、銀色に輝く魔法陣を指し立てる。
止まる暇もなく、その身体は魔法陣に掛かって――
「停(テイ)!」

ばしゅ、と鈍い音がした。
と同時に身動きが取れなくなったらしい。「ソレ」はしきりにもがき始める。が、無駄だ。
レイキのその術は、言わば対象を小さな檻に閉じこめてしまうようなものだ。

「……おいついたっ」
「準備は万端ですよ、ねえさんっ」
「ありがとレイキっ、それじゃ行くよ―― 炎(エン)!」

対象を燃やす技。あまりにもそのままっちゃそのままなのだが、
その名称の通り、相手は「燃えた」のだった……………


……数分後。

「―――さてと。というわけで、今日のお昼は鹿肉ー♪」
「姉さんが派手に術行使したから、充分火は通ってるみたいですよ。」
「えー?レアはないのぉ…?」

私、ちょっと涙目。

「…あることにはありますが、とてもレアとは呼べないくらいに焼けてますよ」
即席で大きい葉を皿代わりに、レイキが切り分けた「ソレ」…
――今は美味しそうな鹿肉に変わり果てたモノを葉に乗せる。

「はいどーぞ」
 
 
 
 
 
  
-------------