※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
 
「いい湯やったな~……」
部屋に戻って、ウチはベッドの上で大の字になった。
久しぶりのふかふかな布団に、早くも眠気がくる。
静かなのがふと気になって、シャープの方を見ると――。
「うわ、なんやシャープ。どうしたこんな近寄って」
「フラット……」
頭一つ分離れた位置で、赤い顔をしてウチをじっと見ている。
「な、なんや」
きっとその時のウチも、赤い顔をしていたと思う。


「私、今だから言います」
「お、おう。なんや」
きっと今までにない真剣さだから、だと思う。
日常で、こんなに真剣な目をしたシャープにウチまでも妙にかしこまってしまう。
「フ、フラット」
「うん」
「好きです」
「んなっ」
驚いたウチの隙をつくように、シャープは目を閉じてキスをし、
「ん……」
慌てて離れて、事態を理解しようとするウチ。
しかしシャープは――。
「な、ななな!?」
「ごめんなさい……でももう」
畳みかけるようにもう一度ウチにキスをした。
そのままウチの上に覆い被さり……。


「わぁぁぁぁ!?」
目が覚めた。
「すぴー……」
部屋は暗く、隣のベッドからシャープの寝息が聞こえてくるだけだ。
「なんや、夢か……」
「好き……」
「!?」
「好きです、猫……」
「…………」
「美味しいから……すぴー」
「べたな落ちやな」

とりあえず寝なおすことにする。
寝て起きたら忘れてる。
きっと忘れてる。




「――好きです、フラット」