※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



くつくつ。くつくつ。
目の前のコンロ上で、大鍋がくつくつと歌う。
「・・・はぁ」


ため息がこぼれる。
「なんでこうなったんだっけ…」
私はがく、と肩を落とす。
…ちなみに、大鍋の中は、大樹と二人で食べようと思って作ったカレーだ。


「恵理ー、まだですか~?」
「うぅ…お腹すいたぁ…」 「マロン…よその家でそれは失礼だ」
「適当に水とか用意しとくぜー」

隣の部屋のリビングから、聞こえる、声。


「…はぁ」
大きなため息を吐きながら、いつの間にか頭を抱えていた。


そもそも今日こんなことになってるのは、大樹のやってる「課題」とやらのせいだ。
何日も前から「今日はカレー作るね♪」と予告していたのに、突然
大樹を気に入っている…大学の教授さん、とやらに、「合宿」と称して拉致られてしまったのだ。
二、三日は帰れないと言っていた。


「…全くひどいよね、大樹の腕がいいからって、助手代わりに連れてっちゃうなんて」
こちらの都合も知らずに勝手なんだから、とぼやきながら、大鍋の中のカレーをかき混ぜる。
いつもおかわり2~3杯はする人なので大量だ。
…確かに、大勢で食べるには、丁度良いかもしれないが。


―――大体、なんでよりによって前日に、なのだ。
折角楽しみにしてる、と言ってくれたのに…だから尚更気合い入れて作ったというのに。
…好きな人と食べるから美味しいのに。


ほわほわと湯気があがり始めたので、適当なところでコンロを切った。
皿に、適量にご飯を乗せ、その上から暖め直したカレーを掛ける。


「銀矢ー、お盆持って取りに来てー」
「おうっ」
「あ、私がやりm」
「私は銀矢を呼んだの、レイキはマロンちゃん達とお喋りでもしてて」
「…えう」


ごめんね。
料理をしたら、八割方、ポカをやらかすレイキには頼めないよ…と、心の中で呟きながら、
お盆に4人分のカレーを乗せていく。

「これレイキの分ね、で、その肉が多めにはいってるのが銀矢の。
んで、あとの二つがマロンちゃん達のね」

「ん、了解。
…悪かったな、突然来て」

皿を見つめながら銀矢が言った。


「いや… 気にしてないよ」
どさどさとレイキの分の皿に、たまねぎを大量に盛りながら返事をする。
「って思いっきり気にしてんじゃねーかっ!」

「当たり前でしょ!
本当なら、今私と一緒にカレー食べてるのは大樹さんなんだから…!」

「さっきと言ってることが違うじゃねーか…」


そう言って銀矢は呆れて、
「兄貴が行く前に、連絡あってさ」
「…え? 大樹が銀矢に…?」


「…せめて、俺の代わりに、一緒にカレー食べてやってくれって、言われた。
あはは…兄貴もだめだな… 俺じゃ、代わりにならないって…。
―――でもさ、そう言ったら、笑ってこう言ったんだぜ?
『一人でも多く、誰か知り合い連れて言って、大勢で食べろ』ってさ」

「…そっか」


「兄貴は、ちゃんと…恵理のこと思ってるよ。
自分が居なくてもさみしくないように…ってさ。
・・・ほら、大勢で、一緒に食べれば、寂しさも無くなるし――いつもより美味しく感じるし、な
兄貴は…自分が居ないから、ってただそれだけで恵理に寂しい思いさせるわけ…ないだろ?」


「そう、だよね…うん。…ありがと、銀矢…大樹」