※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
 

窓から差し込む日の光で私は目が覚めた。
今何時だろう、と掛け時計に視線をやると4時… …4時?

慌てて、枕元のデジタル時計に目をやる。

―――時計は、16時を指していた

「……しまったぁ」
前日、大樹と二人して夜遅くまで起きていたので(何をしていたかについては想像に任せよう)、
その反動か朝から夕方まで爆睡してしまったようだ…それも、二人揃って。

とりあえず起きようと身体を動かすが、どういう訳か
後ろから大樹にがっちりホールドされていた。困った。
それでも痺れたりしてないのは、多分一度彼は起きたからだろう、と私は推測した。

「うーん………」

そろそろ起きて、夕飯とも夜食ともつかない時間に
ご飯を食べる羽目になるんじゃないんだろーか。外食は…まぁ、多分無理。
……どうしよう?

「…zzzzz......ぐー・・・」

大樹は私を離すまいと、すっかり、抱き枕のように私を抱きしめているし。

そうしてあれこれ考えているうちにどうでも良くなってきて、



「…まぁ、明日も特に用事があるわけじゃないし、いっか」

もう眠くないけど瞼を閉じることにした。