※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
 
 
「……アナタ、か」

「ごめんなさい……だけど…私は…」
「知らなければよかった、って顔してるわね…
そればっかりは、無理よ」

「どうして…、あなたは…美亜さんは…ロボットなの?」
「ロボットって…せめて、アンドロイドとか言い方はあるでしょう?
…まぁ、いいわ。
それは…………私にも、わからない」
「………」

「けどね、これだけは確信を持って言えるわ…
私は、銀矢や大樹、それに恵理さん…アナタたちと接触し、監視するための存在だ、って」
「…どうして?」

「だって……私を動かし続けている、この動力源は… これ、は…

アナタと大樹の力でしか壊せないみたいだから」

「………っ、そんなバカげたこと…」

「・・・ううん、本当。
現に、こないだ大樹に吹っ飛ばされたときから…おかしいの。私の、身体。
そして何となく気づいたの……私は、そういう風に、できてるんだ、って」
「………」


「お願い、私、もう嫌なの…
早く…

壊して、私を」