※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
 
さぁさぁと。
降っているのか、降っていないのかわからない程の雨。

しとしと、と言うには静か過ぎる。
只、この部屋には私以外に誰も居なかったので、それだけ静かに感じたのだと思う。
何もすることがない時間。…窓から、ぼおっと眺めるしかなくて。

「…なんで、こんな時に限って雨だなんて」

一言、そう口にして、

ふと、姉さんが亡くなった次の日が雨だったことを思い出した。



 ――…空を見上げ続けて、頬に水滴が落ちたのを、やっと確認できる程度。

詰まるところ、それは小雨だったのだけれど。
その時の雨は、自分が知っている雨の日の記憶の…何よりも強く印象に残っているのだ。


段々強くなっていく小雨の、水が、自分自身の頬をつい、と伝うのを。
―― 一瞬だけ、涙と勘違いした。

最後に泣いたのは、多分その時だった、だろうと思う。


「姉さん…」
あの日、雨の中で空を見上げていた自分を思い出す。

私は、ちゃんと生きているだろうか?
今、姉さんが私に望んでいた生き方が出来ているだろうか?
…暫し考えて、すぐに投げ出した。

姉さんはそんな難しいことを言わない人だ、私に望むものなんて、単純なものだろう。

そう、きっと…最期に笑ったあの時に告げたあの一言だけが―――。