※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
 

「・・・・いつも・・・すみません」

「いや、いいんだよ。
 …一人で居るのも、あれだしね。
 恵理や兄貴が来てくれるだけで充分さ。」

「そうですか・・・・ 何か、私に出来ることがあればいいのですが」

「だから、レイキさんは気にしなくていいって。
 確かに今、君が使ってる部屋は美亜が使ってた部屋だけれど。

 ―――・・・もう、何処にも、残ってないんだ。彼女の、跡は。」


「・・・・判ってます。
 私が『覚えています』。
 だからそんな辛そうな顔をしないで下さい。」

「え・・・ あ、ごめ」

「それに今は、あの人もたまに来てくれてますから」

「あぁ――― こないだ玄関ですれ違ったからオレも挨拶したよ。
 結構いい人な気がしたぜ?」


(・・・・・ピンポーン、とベルの鳴る音が聞こえた)

「やっほーっ!
 銀矢っ、レイキ借りるよー♪」


「あ… 恵理…」

「彼女は物じゃないだろ?w」

「えへへー。
 じゃ、早速出かけましょ… さっ、レイキいこいこ♪」