※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


序章 「美崎恵理」


・・・。私は、リュックサックに必要なものを詰め込むと、そっと、家を抜け出した。
それが、夜六時のコトだった。


(親なんて、キライ・・・兄弟なんて・・・、もうキライ・・・。
夢を諦めろと言われるのは、とても・・・私には、辛すぎるよぉ・・・
なら、せめて、私には・・・。)

・・・。

(大丈夫・・・私には・・・あの人が、い、る。)


私の名前は美崎恵理。
親と弟と私、の、四人家族の一人だったのよ。
何で「だった」なんて過去形なんだ、って?それは、聞いちゃ、ダメダメ!!
だって私は・・・今日、この住み慣れた東京を離れるんだから。

・・・駅で、あの人に電話しようと思ったけど、止めた。
ふふっ、驚かせちゃうんだから。


今、私が言った「あの人」、とは、私のメル友のこと。
HN「コリス」こと、本名「月島大樹」さん。

HNの事が出たから言わせてもらうが・・・私のHNは「カチュカ」。
変なHNだけどね。

チャットにはいるとき、メチャメチャに入れたらそーなったんだもーん。
・・・そんな訳で、コリスとは、チャットで知り合った関係なのです。
私は彼を「コリー」と呼び、彼は彼で、私を「かちゅ」と呼んだ。
そんな関係だった。
丁度・・・彼氏とつきあっていた頃だった。
そして・・・彼氏に嫌気・・・いや、自放自棄になっていた頃、だった。


コリスのトークは私の考えを180度変えてくれたんだ。
それだけ・・・たった、それだけだったんだけど。
気づいたときには、もう遅くて。
私はコリスを、愛して・・・。ううん、ちょっとオーゲサかな。
(好きになってた)


それまで、私を縛っていた、彼氏からも、何とか別れることができた。
アイツ、泣いてたけどさ。

(その涙は嘘だ。本気なんかじゃない・・・)

もう、アイツなんて知るものか・・・―――――――――。


そして、コリスへの想いは確信へと変わっていった。
「好き」という想いが、止められなくなってた。
・・・暴走、とか?とにかく、壊れてしまいそうだった。
だから、言っちゃったんだ。
「好きって言ったら、何て言う・・・?」って。
言ってしまったコトは後悔してない。それでも、


「私とコリスの関係は変わらなかった」


―――――・・・ごうごうと大きいような音がしていた。
身体に、軽く痺れるように振動するのが、心地良い。

水が流れる様に、周りの風景が変わっていった。
緑や、黄色や、黒々とした物や。
それらが、様々な形を形成し、水の様に流れて、窓の外に消えていった。

(コリー、家にいるかなぁ・・・。)

新幹線に乗り込んだ私は、そんな事を考えながら、ずっと、
流れていく窓の外を見つめていた・・・。

*    * * * *

「ん・・・。」

新潟駅に着く。コリスの家は、住所を見る限り、ここからそう遠くない。

大荷物を持ち、てくてくと私は歩き出した。

(・・・眠い)

歩き出して我に返った瞬間、ふと眠気を感じた。

それもそのハズだった。何気なく腕時計を見ると、なんと、既に22時を回っていた。

(多分、あともう少し・・・)

頑張って。10分後、何とかコリーの住んでるアパートの三階に着く。

足が痛くて堪らなかった。

『ピンポーン』

ベルを鳴らしたけど、人が出てくる気配はなかった。

もしかして私・・・、ここでコリーを待たなくてはいけないのだろうか・・・。

(そんなぁ・・・)

絶句した。もう一回、ベルを押したが、やはり出てくる気配はなかった。

ここで立ちつくしていても、仕方がない。

私はドアの横に座り込んだ。

そして、持ってきた、―――というより、着ていた―――上着を脱いで、

掛け布団のように身体に掛けかけた。

こうすれば、少しは・・・暖かい、や・・・―――――。

夢うつつで、誰かの声を聴いた。

優しくて、それでいて、厳しいような、包み込んでくれるような声を・・・。

『・・・・・・起きなよ、おい、・・・しっかりしろって!ねぇ君起きて!』

「ん・・・」

ぱち。視界の扉が開いて、私は夢から覚めた。

二十歳くらいだろうか。若い男の人が目の前にいた。

「あ~よかった、死んでなかったかぁ・・・」

ほっ、と胸を撫で下ろす男。

どうやら私、本当に眠っていたらしい。

この男の人が、私を起こしてくれたようだった。

私は軽く身を起こし、男に礼を言った。

「あ・・・あの、起こしてくれて、ありがとうございます。」

男はまた軽く笑顔を浮かべて言った。

「まぁ・・・。それにしても、吃驚したよ。だってウチの前で寝て居るんだものなぁ」

その言葉に私はハッとした。・・・まさか?

腕時計を見ると、11時半を過ぎていた。

・・・もしかしたら。

思い切って、私は男に尋ねた。

「あっ、あのっ!この・・・312号室に住んでる人、ですか?」

「ええ。そうですが、何か?」

訝しそうに顔を傾げる男。

「お、驚かないでくださいね・・・私、カチュカこと美崎恵理、です。」

そう言って、ぺこりと頭を下げた。

・・・ばさっ。

男が、手荷物を落とした。

大当たりだった。

「マジ?」

男は笑いながら、

「・・・驚いたよ。それじゃぁ、一応俺も。」

そう言うと、頭を深々と下げて、言った。

「コリスこと、月島大樹です。よろしく。」

しばらく、二人は黙ったままだった。

「・・・とりあえず、あがりなよ。寒いから。」

コリーがそう言った。

*    * * * *

かちゃん。

「おまたせ。お茶、飲みなよ。」

そう言ってコリーは、私の横に座った。

だけど、精神的に疲れていたのか、私は飲む気にもなれず、黙ったままだった。

「・・・とりあえず聞くけど」

コリーが口を開く。

「何でまた、俺の家なんかに来たの?」

お茶を飲みながらコリーは聞いた。

私は即答した。

「家出した」

ぶっ。 よく漫画とかに出てくるような、お茶の吹き出し方をするコリー。

「おい」

「・・・。」

それでも私は、黙ったままだった。

「親が心配するぞ」

「別にいい」

心配なんて、してもしなくったっていい。

あの人たちは、私のこと何て・・・。

コリーの言葉は続いた。

「自分の夢は?」

「諦めるからいい」

「いいのかよそれで。」

ぴりぴりとした空気が、私たちを包んだ。

私は口を開いた。

「もう、別にいいんだ。夢を諦める、ってさ、すっごーく辛いと思うけれど。

だけど・・・コリーと一緒にいたい、っていうのも一応、私の夢なんだよ?」

・・・コリーの顔がゆるんで。心配そうな顔に変わる。

「かちゅは・・・本当に、それでいいわけ?」

うつむいたまま、私は答えた。

「いいの。少なくとも、今の私はそう思ってる。」

「『今は』って事は、もしかしたら変わるかもしれないんだな?」

「まぁ、そうなるかな。」

しばらく、沈黙が続いて。・・・やがて、コリーが口を開いた。

「・・・わかった。いいよ、ウチにいても。俺は止めないから。そのかわり・・・」

「『そのかわり・・・』、何?」

「かちゅが、家に帰りたい、って言っても、俺は止めないから。」

「うん・・・!」

心の中で、希望の風が吹いた気がした。

・・・・・・。

いきなり、コリーが、着ていたTシャツを脱ぎ始める。

「ちょっ・・・!?いきなり・・・」

思わず、激しく狼狽える私。顔が熱くなる。

コリーはこちらを向いて、ニヤニヤしながら。

「~~~一体何を想像したんだぁぁぁ~っ!かちゅぅっ!?」

「いやぁ~~~ぁぅっ!何でもないってばぁぁっ!」

確かに一瞬ナニを想像してしまったけど。

「まったく・・・。オレ、これから寝るけど、かちゅはどーするか?」

・・・この家は、それほど広くもないし、狭くもない。が、寝るところはここしかない。

そして、布団を二枚敷くには、ちょっと狭いスペースだ。

・・・ひょっとして、ここで一緒に寝ろっ、って事なんだろうか・・・?

「ばっ・・・。ね、寝るに決まってるでしょ!」思わず赤面する。

「布団を二枚以上敷けるスペースは無いって解ってるよね?」コリーは笑いながらそんなことを言う。

・・・どうしよう・・・。どきどきしてる。私。

今度こそ、と言わんばかりに、私の心臓はバクバクし始める。

思い切って聞いてみる。

「ねぇ・・・・・・いい・・・の・・?」

「ん?何が?(笑)」

「一緒に・・・寝てもいいの・・・っ?」

どきどき、どきどき、どきどき。

コリーは・・・大樹さんは、私がコリーのことを好きだということを知っている・・・。

それを知ってて、こんな事言わせるなんて・・・もう・・・っ。

「俺は別にいいよ。・・・ほら、来いよ。」

笑いながら、胸の前で腕を広げるコリー。

「いいよ、別に・・・」

一緒に何か寝たら、きっと一睡もできなくなる。

そう思った私は隅っこの方に逃げようとする。が、コリーに首根っこを掴まれる。

「うぅにゃぁ~ぅ~っ!私猫じゃないよぉ~っ!ていうか恥ずかしいってばぁぁぁ・・・」

抵抗できない私。そんな私と対照的に、コリーは笑って。

「だーいじょーぶだって。寝てるときは何もしないよ。約束する。それとも」

コリーは、真顔で私の顔を覗き込んで。

「かちゅは俺のことキライ?」

どっきん。胸の鼓動が、半分上がった気がして。

思わず、私は言った。

「そっ!そんなこと、無いけど・・・無いけどぉ・・・・無いけどぉぉ・・・。で、でも」

私はコリーの顔を見上げて。

「一緒に寝たら、きっと私眠れない!ドキドキして!」

「そうか・・・」

そういって、コリーは手を離すと。ぐっと私の身体を引き寄せると。

「じゃあ俺はかちゅがもっとドキドキするような事をしてあげよう」

「もぅっ!」

思わず反抗の声を上げる私。

「ははは。・・・じゃぁ、寝るか。ほら、かちゅは俺の横!・・・じゃ、おヤスミ。」

結局コリーの横に寝かしつけられてしまった私。

・・・これで・・・本当に眠れなかったらどうするのよ・・・。

外側を向いて眠る私。理由はもちろん、コリーがこっちを向いて寝ているから。

し、しかもぉ・・・。コリーは上半身ハダカなのだから。

んなモノ見ていたら、ときめいてしまう。

そんな事を考えながら、一生懸命目をつむっていると。

「・・・恵理」

いきなり名前を呼ばれた。しかも、思いっきり耳元で。

思わず躯をびくっとさせてしまう。

・・・やだ、躯が反応しちゃうって事は、「まだ起きてますよ」って言ってる様なものじゃない!

返事は、しなかった。もしかしたら、放って置いてくれるかもしれない、と思ったからだ。

だけど・・・。攻めてきた。いやぅっ!

「かーちゅーぅー?こっち向けぇ~っ!♪」

「うにゃぁぅっ」

無理矢理向かされた。もぉ~。

コリーは私の顔に手をやる。そして、私の顔を覗き込んで。

「・・・今、すっげー顔赤くなってるだろ・・・?

暗くても、ハッキリ分かるよ。」

かぁっ、と、顔が熱くなった。

「んもぉ~っ!言わないでよぉっ、自覚してるんだからぁ!」

図星だっただけに、思わず、ポカポカとコリーを軽くたたきつける私。

「いたいいたい(笑)」

しばらくじゃれ合って。ふと、コリーは真面目な顔つきになって。

「なぁ、かちゅ。お前が・・・本当に覚悟してるかによっては。どれだけ、俺に本気なのかによっては。

・・・かちゅとの、その・・・。本気で考えてやっても・・・いいんだぞ・・・?」

そう。今回の恋に限って、私の感情は、特別な中のもっと特別なモノだった。

「愛してる」と、言ってみたくなることさえあった。

でも、言わなかった。それは、私がまだ成人ではないし、私が言うべき言葉ではないと思ったから。

だけど、コリーは、そんな私の気持ちを何となく察してくれているのか、

私に対して、ほぼ本音をぶつけてくれる。

それが、私にとっては嬉しかった。

だから、今度は・・・今は、私がコリーに本音を、ぶつけてみることにした。

「かちゅは、本当に自分の夢を諦めるつもり、なのか?」

「・・・本当はね。まだ、よくわかんない。自分の気持ち。私、まだ子供だからかな。

夢を叶えたい、とも思っているし、好きな人と一緒にいたい、っていう気持ちもある。

でも今は、コリーへの気持ちが・・・強いのかな。

『夢を諦めてでも、コリーの側にいたい。』今はそう思ってる。」

「そっか」

また、しばしの沈黙が続いた。

「まだ、迷ってるんだな。」

「そうかもしれない。」

「でも。・・・ここに居ても、いいよ。そんな風に、自分の気持ちを素直に言えたかちゅは、いい子だからな。」

そういってコリーは、ぽんぽんと、私の頭を軽く叩く。

「えっ、私、家出してきたんだよ?それでもいい子なの?」

笑いながらコリーに問う私。

あっ、とコリーもそれに気づき。

「ま・・・・まぁ、『それ』以外はいい子だ、って俺は言いたいの!」

うふふ、と少し笑った。

その時、ぽーん、と掛け時計が12時の合図を鳴らした。

「おっと。ちゃんと寝ないとな。今度こそ、おやすみだな。」

コリーの左親指が私の唇を撫でる。そして

ちゅっ、と柔らかな感触が頬に触れた。

「へっ?」

呆然とする私。今、一体何を・・・!?
コリーは笑いながら言った。

「今夜は、頬に。&それじゃあ、オヤスミ。」

私が呆然とする中、寝付きが良いのか、コリーの寝息が聞こえ始めた。

くー・・・くー・・・――――――――――――。

「~~~~~~~~~~~っ」

ぶちまけようのない怒りと、恥ずかしさが込み上げる。

自分の頬に手を触れる。
途端に、さっきの感触を思い出して、思わず赤面する。

(ま、いいか・・・。)

掛け布団をめくって。私はコリーに、囁くように小さな声で言った。
「おやすみ・・・明日も・・・。」


こんな感じ。ちょっと怪しい事なんかも言ったりするけれど、
これだから、コリーと一緒にいるのは止められない。
彼のそんなところが、私にとっては凄く魅力的だから。

・・・さてと、明日は何が起きるかな。

序章 end