|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

フラワーレメディ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

● バッチフラワーエッセンスってなに?

バッチフラワーエッセンスは、空気も水も汚染されていない綺麗な土に生えている
木や花から作られています。
バッチフラワーエッセンスを開発した「バッチ博士」が1930年代、人間の体が病気になるのはウイルスや体質の問題だけではない、心の持ち方も病気に大きな影響を及ぼす、ということに気づきました。
実際、最近の研究結果でストレスが免疫力を弱らせ、病気をさらに悪化させたり
病気ではない人がストレスにより病気を引き起こすことは多くのひとに知られています。
バッチ博士は、ストレスを引き起こす感情を38種類に分け、それぞれの感情を癒す手助けをする花を
野や山などで見つけ出しました。
その感情とは、たとえば「恐れ」「寂しさ」「絶望」「過剰な不安」など、誰でも持つ身近な感情です。
そういった感情を少しでも減らすことによって、心と体のバランスをとる手助けになるもの、
それが「バッチフラワーエッセンス」なのです。

そして、そのバッチフラワーエッセンスは人間だけに効くものではありません。
心のあるもの、たとえば買ってきたばかりの植木は、初めての家で戸惑って、
植え替えられた恐怖と戸惑いに困惑しているかもしれません。
そんな植物にはもちろん、家にいるペットにも大きな効果が認められています。
貰われてきたばかりの仔猫は初めての環境に戸惑っていませんか?
いつも散歩に行くと苦手な犬がいると、怖がってる犬はいませんか?
さぁ、バッチフラワーエッセンスの出番です!
飼い主が思う以上に、ペットには多くのストレスがあります。
もしかして、飼い主の言うことを聞いてくれないペットは、生意気なわけではなく、
何か大きな理由があって、言うことを聞かないだけかもしれません。
そんなペットたちの心を癒すバッチフラワーエッセンスを、試してみましょう。


● バッチフラワーエッセンスはどうやって使うの?
バッチフラワーエッセンスは基本的に「飲む」ものです。
一日数回(4回以上)間隔をあけて2滴づつ飲ませてあげます。(レスキューレメディは4滴)
しかし、パニックを起こしているペットや、
まだ飼い主に慣れていないのペットなど、簡単に飲ませることができない場合があります。
近づくことが出来ない場合は、スプレーにバッチフラワーエッセンスを4滴入れ、
少量の水と一緒にペットに吹き付けて
ペットが自らなめ取るように仕向けましょう。
もしくは加湿器にバッチフラワーエッセンスを数滴入れ(6滴ほど)ペットのいる部屋に置いてあげましょう。
不安げなペットもしばらくして落ち着きを取り戻すはずです。
バッチフラワーエッセンスは無害なので、たくさん摂取しても大丈夫です。
水を足すたびにバッチフラワーエッセンスも足してあげましょう。

<猫へのバッチフラワーエッセンスの使い方>
ネコに口から飲ませられない場合は、肉球や耳の内側などにつけて上げると、効き目が早くあらわれます。
事故でのショック状態など緊急の場合には、「舌の裏」「歯ぐき」など神経に近い所へ2滴
(レスキューレメディは4滴)落としてあげましょう。
普段は、おやつのにぼしに含ませて与えたり、ご飯を完食する食いしんぼ猫にはご飯にまぜてあげたり、
または、猫を撫でてあげる時に飼い主さんの手に数滴落として、そのまま撫でであげてください。
しばらくして猫が自分で体を舐めとって、エッセンスを飲みこみます。

<犬へのバッチフラワーエッセンスの使い方>
基本的には猫と変わりがないのですが、猫ほどグルーミングをしないので、体につけてなめとってもらう場合は
鼻の回りにつけてあげましょう。
犬は食いしんぼさんが多いので、ご飯にまぜてあげても喜んで食べてくれると思います。
大好物のおやつなどにたらしてあげても大丈夫です。

<鳥やハムスターなどの小さい動物のエッセンスの使い方>
小さい動物に対しては、2滴よりも少なめにあげてください。
鳥などは特に、敏感に反応するため少しの量でも効きます。
くちばしの先などにエッセンスをつけてあげると上手に飲み込みます。
ハムスターには、頭にエッセンスをたらすと、毛づくろいの時きれいになめ取ってくれます。

● ちょっとお得なトリートメントボトルを作ってみましょう!
<用意するもの> 
30mlの遮光ビン(トリートメントボトル/太陽の光が入らないビン)・ミネラルォーター
オーガニックのワインビネガーか、りんご酢

遮光ビンの中にワインビネガーをスプーン1杯・使いたいエッセンス2滴づつ(レスキューレメディは4滴)
入れます。その後、ミネラルォーターをビンいっぱいに注ぎ、蓋をして、軽く振ります。
これでトリートメントボトルの出来上がりです。
普通に販売されているバッチフラワーエッセンスと同じように一日数回、一回2滴飲ませてください。
(レスキューレメディが入っている場合は4滴)
ただし、原液に比べると痛みやすいので3週間以内に使い切ってください。
(原液に比べたら効果が少しゆっくり現れますので、緊急時には原液を使うことをおすすめします)

● バッチフラワーエッセンスはどれぐらいで効くの?
バッチフラワーエッセンスは早く効く場合と、じわじわと2~3週間かけて効く場合があります。
もし、すぐに効果が現れなくても諦めないでバッチフラワーエッセンスをあげつづけてください。
バッチフラワーエッセンスの癒しのパワーが心に浸透するのに少し時間がかかっているだけかもしれません。
もし、3週間使っても変化のない場合は、間違ったエッセンスをあげているのかもしれません。
しかし、エッセンス自体は無害なので、間違ったものをあげていても「効かないだけ」で体には何も悪影響はありません。もういちど落ち着いて、問題行動の原因がどこにあるのか、考えてみましょう。